おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯は水洗いで

農作業をすれば、必ず土がつく。
雨の日なんかは泥だらけ。
土がついても気にしない!これが一番楽。
野生動物は土だらけである。
なぜ人間だけが、土を遠ざけようとするのか。

とはいっても、土だらけでは、スーパーに入るのも気がひける。
洗濯機に放り込んで汗は落ちても、土はしっかり残る。
衣類についた土は繊維をもまなきゃ落ちない。
土は無機物、何物も分解できない。

土がついた部分に狙いを定めて、
バケツにくんだ水の中でクシュクシュと揉む。
帽子や靴など揉めない場合は、ブラシでこする・たたく。

ナイロンなら繊維がツルッとしているので落ちやすい。
落ちにくいのはコットン。
それでも、やっぱり揉むしかない。

私は脱石鹸したので、
有機物の汚れには「とれるNO.1」を使います。
パンツの汚れ、キッチンのタオルの黄ばみ。
こういったものも洗濯機に放り込んだだけでは落ちない。
「とれるNO.1」をシュッとしてしばらく置いて、クシュクシュと揉む。
揉む際は摩擦で皮膚が傷つくので、ゴム手ビニ手袋を着用のこと。

タオルの黄ばみはしつこいので、
「粉末とれる」布袋に入れてタオルが浸るくらいの水に
「粉末とれる」のヌルヌルをもみ出し、そこに一晩つけおく。
そしてクシュクシュ、あるいは洗濯板でゴシゴシ。
サッとすすいでから洗濯機に放り込む。

タオルの黄ばみはしつこい、
これでも落ちきれないかもしれないが、何回かやってるうちに薄くなる。

他の汗やほこりがついただけの衣類も洗濯機に放り込んで、
石鹸も重曹も何も入れず、水だけで洗濯。
軽い汗だけなら1回、多くても2回のためすすぎでOK。
水だけで、靴下の臭いもちゃんと落ちている。

洗濯機にかけると衣類は傷む。
なるべく短時間で済ませたほうがいい。
どうせ汚れは100%は落ちない。

しつこい汚れは、洗濯機だけでは洗剤を使っても落ちない。
だから、洗濯機に放り込む前に処理をして、洗濯機では水で濯ぐだけにする。
ポリもウールも綿もなんでもイッショに放り込め
洗濯がとっても気楽にできるよぉ。
my常在菌も生き延びてるといいな。



スポンサーサイト

手がきれいになった?

ふと、最近手がきれいなことに気づいた。
カサカサしない、農作業で土がついてもすぐ落ちる。
手が順応してきたんでしょうか?
手の皮が厚くなった?

昨年末、農作業を始めてから土が指先から手の皺にまで入り込むので、
石鹸を泡立ててしっかり洗っていました。
洗うとそこそこキレイになるけど、カサカサになる。
カサカサなため、さらに増えた皺に土が入り入り込みの繰り返し
カサカサで薄汚れて、とてもお見せできない状態・・・でした
たしか、一ヶ月ほど前までは

作業に手が慣れてきたということもあるでしょうが、
ひそかに石鹸を使っていないおかげ」と思っています。
ここ2?3週間は、まったく石鹸に触っていません。
ひそかに」というのは、新型インフルエンザが話題に上る現在
人に言えない、言わないほうがいいなということです。

「石鹸を使った正しい手の洗い方」や「マスクの正しいつけ方」を
ラジオ、テレビで流しているのに、
水でジャーと流すだけ、しかもそれで糠みそだって混ぜている・・
なんて言ったら、人生の先輩方に大いに説教されそうです。

洗髪も、顔も、体も、とにかく素手で石鹸を使っていない。
これだけで、今までパサパサだった手がしっとり。
スーパーでポリ袋の口も、濡れふきんやつばを使わずに空けられます。

ところで、ウイルス対策に石鹸での手洗いは有効なのでしょうか
私には、せっかく常在菌が作ってくれた皮膚のバリヤーや
大事な常在菌を除去してしまう方が、体のためにならないような気がして・・・。
石鹸を使うことで、皮膚を無防備にしてしまう。

眼には見えないけれど、どうせ世間は菌だらけ。
今たたいているキーボードだって、空気だって、お腹の中だって。
菌は根絶することはできないし、私たちは菌無しで生きてはいけない。
常在菌は私たちを悪さをする菌から守ってくれる。
そんな大切な常在菌を除去するなんて。

逆に常在菌が喜ぶ環境を用意し、繁栄してもらった方がいい。
そうすれば、お肌は常在菌の排泄物の弱酸性で潤う。

あちらを立てればこちらが立たず。
人にとって害だからと取り除けば、一緒に大切なものも失う。
世の中はバランス。
短絡的に取り除く前に、ちょっと散歩でもして自然に聴いてみようと思います。

酵素で洗髪

しばらく頭髪をお湯洗いだけにしていましたが、
湯洗いだけにして1週間を過ぎたころ、
ヘアドライヤーで髪を乾かしているときや、
くしで髪を梳かすとき、頭皮の脂が指先や櫛につくようになってきました。

臭いもなく、見た目ではわからないと思うのですが
さすがにちょっと不快な感じがして、軟弱にも洗髪してしまいました。

洗髪とはいっても、使用したのは微生物の酵素です。
以前当ブログにて何度か紹介した、粉末の「とれるNo.1」
使用したのは、久々です。
夫が亡くなってから、掃除がなんだかんだ・・・
と、やっていられる状態ではなかったので封印していましたっ。

洗い心地はナカナカ!良いです。
脂を取り過ぎずに加減しながら洗えるところがいい。

「とれるNo.1」は有機物を分解するだけで、
石鹸やシャンプーのように常在菌にダメージをあたえないのだと思います。
液体に比べ、「粉末とれる」は強力な分解力ですが、
おがくずや糠が入っていて、そのままこすりつけるとお肌をいためます。
そこで、手ぬぐいで糠袋のようなものを作ってみました。
0519粉末とれる
袋を作る際、ポイントは3つ

まず、洗濯や洗顔などにも使用することを考え、
ふすまなどが出てこないように、布は2重にするのがおすすめ。

また、縫い目は全部外に出す。
内側だと、ふすまや糠が縫い目に引っかかってカスを取り出す際めんどうです。

もうひとつは、紐を2本通すこと。
ふすまが出てこないように、袋の口をグルグルとまいて結ぶのに便利です。
紐1本だと簡単には結べないです。

この袋に大さじ1杯ほどの「粉末とれる」を入れて、お風呂に入りました。
ザッと頭髪をお湯でながしてから湯船に入りながら、
お湯にチャポッと浸した「とれる」袋を軽くモミ、
出てきたヌルッとアワッと成分を根元から毛髪になでつけます。
髪全体に行き渡ったら、かるくマッサージ。

ついでに顔にも塗りつけてしばらくおき、流すだけ。
頭、軽くなりましたぁ?♪

そういえば、最近、風呂場で石鹸使ってないんですよっ!
ムーさんによれば、脱石鹸するとバスタオルが臭くならないらしい。
そこで、1週間たったバスタオルの臭いをかんでみましたら、
んー、臭くないかも。

洗おうと思ったけど、ちょっと好奇心が疼いてきました。
もう1週間置いといてみよっと。
1週間後に臭わなければ、これは本物だ。
だって、今まで2週間は放置したことない、絶対臭くなるんですから。



・微生物たちと酵素を吸着させた「粉末とれる」

・ムーさんの記事 「洗濯がそれほど必要ない理由」

シャンプーやめて1週間

さてさて、シャンプー剤をやめて1週間になります。
汗をそれほどかかなければ、1日おきに湯洗いだけにしています。
ザッと湯で髪を流してから、湯船でゆっくり頭皮マッサージ。
そして頭皮をマッサージしながら、湯(シャワー)で流します。

特に臭くないです。
かゆみもホボ無しです。
ただひとつ、違うのは頭皮の脂が残ること。
それも、頭皮が一生懸命脂を出しているって感じ・・・

今まで、シャンプーで脂をすっかり洗い流していたので、髪はパサパサ。
そのパサパサの髪を潤そうとするかのように、
1日・1日と頭皮に近い部分の髪から、皮脂が浸透していきます。
そして1週間、皮脂はだいたい毛先の部分へ到達しました。

天然のヘアオイルです。
元来、髪には脂が染みているべきなのでしょう。
頭皮が必死で脂を出しているような気がして、
なんともけなげで、頭皮が、髪がとってもいとおしくなりました。

毛先まで脂が行き渡った今、
脂はまだまだたっぷり出続けるのか、
それとも供給が緩やかになるのか・・
まったく自分の体ながら未知の世界です。

もちろん体を洗うのに石けんは使用していません。
歯磨き粉も使っていないので、
旅行するときは楽ですねぇ。
シャンプーも、歯磨き粉もいらないんですから。

おっと、顔だけは石けんやクレンジングオイルやら使ってます。
日焼け止めクリームや、たまには化粧もしますから。
日焼け止めも不要なら、石けんもいらないかも。
もっともっとシンプルライフになあ?れぇ♪

シャンプーも歯磨き粉もいらない?

まったく、人間というのは、
余分なことをして自らの体調を崩すようなことばかりしています。
シャンプーしかり、歯磨き粉しかり。

最近、粘土で洗髪をしていました。
これはこれで、かゆみが軽くなり、シャンプーよりだいぶマシな感触だったのですが、
野人エッセイす」のブログによると、シャンプーの類は使う必要さえないのだそうです。
簡単です、さっそく試してみようと思います。

もともと私がシャンプーに違和感を持ったのは、
脂は本来人間の皮膚に必要なもののはずなのに
「皮膚がパサパサになるほど脂をとるのは、自然に反していないか?」
と思ったからです。

ただ、「頭皮を洗う」という最近の風潮には疑問を持ってはいませんでした。
そこまで、気が回っていなかったのです。
頭皮が痒いのは、
頭皮が汚れているからという思い込みがあったからかもしれません。

ところが、「野人エッセイす」によると
頭皮はゴシゴシする必要がないそうなのです。
頭皮は微生物が掃除をしてくれるものなのだそうです。
人間は自浄能力が備わっているのですね。

そして、歯磨き粉。
これまた「野人エッセイす」によると
歯磨き粉は口内の有用な微生物を駆逐し、
口臭や歯垢の原因になっているというのです。
また、歯磨き粉の使用量に比例して、虫歯が増えてきたと分析されています。
これも、非常に説得力があります。

短期間、歯磨き粉を使わなかったことがありますが
とくに口臭が発生した覚えもありませんので、これも簡単。
さっそく試してみようっと。
歯ブラシだけで磨いてみることにします。

それにしても「野人エッセイす」のムーさん、物の見方がすばらしい♪
私なんぞが、なんか不自然だなぁ?なんて疑問を持っても
答えが得られずなんかモヤモヤとしていたことに、
すべて答えが用意されているような・・・
野人エッセイす」、実に眼が離せません!
最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。