おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家で植物の話をすると・・

たまたま午前のお茶のみで、ゴーヤの話になった。
うりやら、へちまやらの話をしていたとき、
「ゴーヤも作りやすいらしいですねぇ」と何の気なしに言ったら、
いつの間にか、私がアパートの小さなベランダでゴーヤを育てることなっていた。

ゴーヤの種を持っている人がいたことと、
農家さんの、「ウチのハウスで苗作って、昼休みなんかにめんどうみたら」
との一言で決まって大盛り上がり。引くに引けない状態に。
おまけにたくさんできたら、うちの直売所で売ってあげるよ?ときた。
うれしいような・・ちょっぴり不安?でもやっぱりうれしいような。

翌日から、昼休みにハウスのゴーヤに水遣りの日々。
芽が出たら写真取ろうと思うけど、なかなか出てこない。
ゴーヤの種主、種を育苗用のポットに土まで入れて持ってきてくれたのだけど、
農家さんが後から言うには、
育苗にはちょっと重い土だそうで、出てくるのに時間がかかるって。

土でそんなに発芽に違いが出るもんなのね、
農家さんの育苗土はピートモスが主でフワフワ。
一方、ゴーヤの種が植えられたのはその数倍の重量で、
よくある、バーミキュライトなんかが入ってる栽培用の土。

ま、気長に待とう♪
夏の日差しにゴーヤの涼しげなグリーンカーテンが眼に浮かぶ。

なんせ、ベランダなのでそんなに大掛かりな棚なんか作れない。
今日100均に行ったら、
あるわあるわちょうど良さそうな、トレリスやら園芸ネット。
どれにしようかな、目移りします。

何かと物入りだなあ?と思ったけど、
わりと安くゴーヤ栽培の準備が整いそうです。
100均さまさま。。

明日は同じ職場の先輩が、
「ニリンソウ」やら何やら、持ってきてくださるそうで、
これも、私が最近雑草にはまっているのを知ったからで。。
農家で植物の話をすると、とんとん拍子に話が進むのね!

何もなかったベランダが、今年は一気に賑やかになりそうな予感。
スポンサーサイト

今度こそ粘土団子

以前作った泥だんごは、形が崩れて土の小山になりましたが、
数日前に、芽が出ていました。
3月24日芽が出た
何の芽が出たかわかりません。
ミニトマトか、春菊か、ラディッシュか、ミニ人参のどれかです。
泥だんごに適当に種を入れたので、どこに何が入ってるやら。

芽が出たところで、素人には皆目見当がつきません。
そのうち育ってきたらわかるでしょう・・
何かわからないというのも、くじ引きみたいでワクワクします。

さてと、気が乗らなかったので遅くなりましたが、
今度こそ、粘土団子を作りました。
3月30日粘土団子
泥だんごと違って、小さい団子が作れます。
童心に帰って、みょうに楽しいです。

それにしても、土と粘土では大違い。
粘土は水加減が難しい。
乾燥していると、さらさらふわふわなのに、
水を入れて手を入れると、くっついてひっついてどうにもならなくなります。
土だと、簡単に落ちるのに。

どうにも水が多すぎたので、
昔遊んだ粘土の固さ、陶器の粘土の固さを思い出して、
粘土の粉を追加していったら、なんとかまとまってきました。
3月30日粘土

種は粘土をこねる前に用意しておいたほうがいいです。
粘土がついてハニワみたいな手を洗うのは一苦労ですから。
ハニワ手のまま、種の仕込みに突入したほうがいいです。

種を平らなところにパラッと広げ、
直径1cmほどの粘土団子にペタペタと種を押し付けます。
だんご一個に2、3粒。
指先で種を少し押し込んで、種が団子の中に入るように丸め直します。

粘土団子は、明日プランターの土に乗っけますが、
いくつかは、団子を完全に乾かしてから、撒いてみたいと思っています。

そういえば、粘土団子の種ってあるんですねぇ。
「アタリヤ」というメーカー?の「はなたま」っていう商品。
団子は直径7mmくらい?で、私が作ったのよりずっと小さい。
土の中ではなく、上に置くタイプ・・まさに、粘土団子だなぁ。
近所のホームセンターで見ましたが、購入には至らず。
だって、自分で作るんだもんね?。

素食?

今日は朝から不調!っていうか、今週はジベパラが出てからずっと×。
頭痛、ゲップ、倦怠感・・こういうの未病ってのかな、
なんの病気っていうわけじゃないけど、なんとなく調子悪い。

原因に心あたり・・有りです。
暴食カフェイン

畑に出ると、やたらお腹が空くもんだから、
間食が増えて、夕食がおいしく感じなくなっていた。

それにコーヒー。
コーヒーに限らず、カフェイン飲料って利尿作用があるから
飲みすぎると脱水症状になるらしい。
水分補給しているつもりが、脱水している。
すると、血液もドロドロ、血が滞りがちになり、体に悪影響が出てくる。

カフェインなしの飲料としては、水(水道水ならろ過したもの)や柿の葉茶がいいらしい。
柿の葉茶は近所で購入できなかったので、
たまたま取り寄せてあった阿波番茶(ほとんどカフェインなしらしい)を
たっぷり作って、ちびちびチビチビ飲んでいたら、午後から動けるようになった!

反省しました。
間食しません(お茶のみにお煎餅1つくらいはしかたない)、
カフェインは、なるべく人から出されたときだけにします。
食事は体にいいものを、腹八分目にします。

あらためて、食物を消化してくれる体に感謝
体を維持してくれる食物に感謝して
ほとんど手を加えない今日の夕食ができました。
0328夕食

生トマト
・・買物に行ったら、真っ赤でお尻がツンっと立っていて、
あんまりおいしそうだったので、ちょっと高めだけど購入。
塩さえかけず、まんま食す。
肉厚、甘くはないけど、味がしっかり。サイコーうまかった!

生ニラ
・・野菜は生が体にいいらしい。
ごく軽く塩して、1時間くらいおいた。パリパリ辛くて体に効きそう。

かす汁
・・塩鮭、干ししいたけ、昆布、ブロッコリー入り。
塩鮭から塩分が出るので、酒かすを入れた以外は調味不要。
ブロッコリーは伸びすぎたので、農家さんから大量にいただいた。

炒り落花生
・・地元産。大好物なので食べ過ぎちゃうため、食後に少しだけ。

そして定番、青ばた(青大豆)入り玄米ごはん

おいしくいただきました。
みんな、おいしくなってくれて、ありがとう


ジベルバラ色非糠疹(ジベルバライロヒコウシン)

久々に出ました、「ジベルバラ色非糠疹」←皮膚科さんのブログへ
初めてできたときはびっくりします。
ダニかノミか?
はたまたなんか悪い病気なのか?と嫌な想像をめぐらしてしまう症状です。

プチッとピンク色の斑点が1つか2つできたと思っていると、
パアッと小やら大やら斑点が体中に広がります。

体中とは言っても、洋服で隠れているところどまり。
顔や手足には出てきません(太ももにも広がりますが)。

そして、なんか湿ったようなかゆみがあり、
ついつい掻いてしまいますが、この掻くのがいけない。
掻くと、皮膚の常在菌が悪さを始めます。

どうも、私の場合、
疲れがたまって、風邪をひいたときに、ついでになるみたいなんですよね。
色が濃くなったり、薄くなったりしながら自然に消えていってくれるでしょう。

皮膚科に行っても、あんまり役に立たない。
以前行ったときは、
ステロイド以外はまったくと言っていいほど効かなかったですね。
結局、時期がこないと治らない。
よっぽどかゆくて耐えられなくなったら、行くけど・・
どうせ行くなら、鍼灸院にでも行ってみようかと思っています。

ジベバラは、とにかく疲れがたまった時、
体調がイマイチって自覚している頃に出るんですよね。
今回心あたりがいろいろあるんです・・
だから、「やっぱりおいでなすった」。
今回で3回目。

ピーナッツのドカグイをしたり、
インスタントコーヒーのドカ飲みをしたり、
間食も多かった、インスタントラーメンも何回か食べた・・・
胃腸をかなり痛めつけていましたねぇ。
体の疲れがぬけていない感じも続いていました。

一説では、なれない薬の服用が引き金になることもあるらしい?
たまたま実家に帰って、某感冒薬を勧められてしぶしぶ飲んだのですが?
まさかねぇ?、薬が原因ってことはないでしょうが。

ほんと、体は良くできている。
ちゃんとこうやって、「おーい、ちょっと体を痛めつけてないかいっ?」
って警告を出してくれるんですから。
「警告を出してくれてありがとネ!」ってなもんです。
思わず、ジベバラ君をなでなでしちゃいました。

コーヒーは緑茶に。
ピーナッツは当分やめて、間食無しにして夕食を早めにいただくことにしました。
やさしい気持ちで、ありがとうの気持ちでいれば痒くなんかないわい!
これからジベバラ君と1ヶ月くらいのおつきあい。
ついでに、コーヒーやめられるといいんだけどなあ。

粘土洗髪

農家で仕事を始めて、土と仲良くなってきたせいか、
土がついていても、あまり汚れている・・という気がしなくなってきました。

家の外は土だらけです。
他の生き物たちは、土とともに生きています。
もともとは人間だって、土まみれだったことでしょう。

雑巾さえ、土色でも全然気になりません。
以前は、真っ白にしかたったのに・・なんという変わりよう!

そのうち、なんだか私の頭皮が
「シャンプーは嫌、土で洗って!」って言っているような気がしてきました。

私の頭皮が脂性なのか、はたまた乾燥しやすいのか、
どんなシャンプーでも、洗髪後、どうもすっきりしないのです。
しかも、翌日にはもうベタッとした感触。

ネットで検索しても、さすがに畑の土で洗髪している人はなかなか見つからない・・
と思っていたら、
子供の頃田んぼの泥で洗ったという方がいらっしゃいました。
やはり、土で洗えるんですねぇ。

でも、まさか田んぼで洗って帰ってくるわけにいきません。
かといって、排水に土をセッセと流せば、
土は排水管に堆積して、詰まらせてしまうでしょう。
そんなことしたら、アパートから追い出されてしまいそうです。

で、「ガスール」という粘土の洗浄剤?を思い出しました。
昔、試供品で洗顔に使ったことがあります。
前々回書いた粘土団子からの連想かもしれないな。

ガスールなら普通に市販されているものなので、
排水管を詰まらせることもないでしょう。
それに、粘土は土と違って水と仲良しなので、
下水を水と一緒に仲良く流れていくに違いありません。

また、粘土だと、
洗髪後、髪がバリバリ、ガサガサになりそうですが、
ガスールなら使用後、ミネラル分のせいかヌメッとします。
これなら、バサバサにはならないでしょう。

使ってみました。
水を加えて、トロッとさせたものを
お湯でぬらした、頭皮に塗りつけてみました。
時間がかかるのでゆっくりと湯船の中で・・。

ガスールは入浴剤にも使えるので、
湯船にポタンと落ちて、湯が濁ってもご愛嬌、
一緒に皮膚もツルツルになるってもんです。

塗ってちょっとおいてから、
軽く頭皮をもんで、お湯で流して終わり。
シャンプーよりは洗いあがりの頭皮がすっきりしました。

ガスールは安くはないんですよね?。
粉タイプ500gで1500円(固形だと1200円)くらい。
陶器用の粘土だと、10kgで1680円。
陶器用の粘土とガスール、ブレンドしてみようかなあ・・・
結果、またご報告します。




雑草の移植

チャリ通勤が楽しい。
あっちのハコベは元気だぞ!こっちのナズナは小さいぞ!などと
雑草を確認しながら進むから、あっという間に職場に着いてしまう。
おかげで動体視力の訓練にもなる?

こんなに雑草がいとおしくなるなんて、年のせい?
そういえば、イカの塩辛ってのも、子供の頃は不気味だったもんね。
って考えると、年をとるのも悪くないか・・

雑草は自然に生えていて、家に持ち帰るものではない!
と、「見るだけ」に徹していたのですが、
事情が変わって、3/17にシャベル持参で出勤し、少し持ち帰ることにしました。

ハコベ、オオイヌノフグリ、カラス(それともスズメ?)のエンドウの3種。
採取する際気づいたこと・・
雑草というのは、シャベルごときでは簡単に根が切れない。
しかたないので、シャベルで根を掘り起こして、途中から手でむしりとりました。
鎌でも用意すればよかったか?(でも銃刀類を持ち歩くのは気が引ける)
ハコベ
乱暴にしたせいか、せっかく咲いていた花は落ち、
カラスノエンドウは根が茎をあきらめたかのように、
根元からスパッと切れていました。
まるでトカゲの尻尾切り。
仕方ないので根だけ植えて、茎は土の上に寝かせておきました。

そして今日の写真。
オオイヌノフグリとハコベは、新たな花が咲きました。
オオイヌノフグリ花 ハコベ花
さすが雑草、すばらしい生命力です!

雑草を持ち帰るキッカケになったのは、
自然農法菜園アドバイザーの竹内孝功さんの記事
タイトルはその名も「自然農のはじめ方」という、
なんとも今の私にぴったりの記事。

内容はやせた市民農園で自然農を始める方法ですが、
プランターでも、土が痩せていることに変わりはないわけで。

さすがについている土ごとたっぷり採取するのは気がひけるので、
せめて、来年に備えて種でも取れるといいなぁ?、ぐらいの気持ち。
竹内さんの他記事で、「自然草」という言葉を見つけました。
「自然草」・・雑草ではなく、「自然草」いい呼び名です。

そうそう、緑肥になる牧草として「赤クローバー」の記述がありました。
「ホワイトクローバー」じゃなかったんですねぇ?、ああ、間違えた。
まあいいか、発見や発明はいつだって失敗から生まれるもんだ。

粘土団子じゃないけど

昨日、粘土団子を作ったぞ?・・と記事をアップした直後、
「粘土団子」でヒットしたRain Maker Projectというサイトを見てびっくり、すぐに記事を取り下げました。
RSS登録されている方には、元記事がないという状態になりご迷惑をおかけしました。

どういうことかというと、
私が作ったのは、粘土団子ではなかった!ということです。
せいぜい、泥だんご、または土団子といったところでしょうか。
粘土団子は本当に粘土で作るらしいのです。
私のは多少粘土質を含んだ土で作ったもの。
それは、粘土団子ではない!と言われそうなので、取り下げたというわけです。

でも、同時に自然農法なのに、
わざわざ粘土だけをあつめて種の団子をつくるのはあまり自然じゃないなぁ?なんて思った。
自分の畑から粘土質なんて、そんなになくさん掘り出せるものじゃないですから。
自然農法の実践者でも、種播きに粘土団子を利用しない人が多いのは
粘土という特殊な材料を利用するため・・というのも一因なんだろうか。

福岡正信さんのわら一本の革命を読んで以来、粘土団子が作りたくてしょうがなかった。
たしか、本には粘土を使うとは書いてなかったような?
その後、砂漠の緑化に尽力されていくうちに、粘土での団子へと落ち着いていったのかもしれないなあ。
砂漠の緑化という特別な状況には粘土が合うのでしょう。

そんなわけで、一度は作ってみたい粘土団子のため、粘土の原土をオーダーしました。
粘土団子については、芽が出てから、またあらためて書きたいと思います。

昨日作った自己流だんご
粘土団子
今日プランターの土の上に置いて、
軽くココヤシマルチを上に乗せてました。
芽出るかな?。

強い心弱い心

ホワイトクローバーの芽が出てきました。
クローバーの芽
比較のため、小指も一緒に。
種も点みたいでしたが、芽も小さ!

そこへ、昨夜の嵐。
こんな小さな芽、直撃されたら土ごと全部飛んでっちゃう?。

嵐になるのは事前にわかっていたので、
ビニールでもかけておこうか、プランターなので屋内に退避させようかしばし逡巡。

で、気づいた。
自然農のとっかかりとして、プランターを始めたのに、
もう気持ちが過保護に傾いている・・・

気づいてしまった以上、スパルタを通すことにした。
それに所詮、雑草なのだ・・。
でも、頼みの綱のココヤシマルチは、既に風に飛ばされて少ししか残っていなかった。
せめても、と、ココヤシを少し芽の上乗せ、
サラサラと飛んでいかないように、ココヤシマルチが湿る程度の水をかけた。

せっかくの芽吹きを守りたい・・というのは、愛情といえないこともない。
裏を返せば、せっかくの労力(たいしたことないが)が水の泡になるのが嫌!・・という欲でもある。
愛情と欲、自然と不自然の境というのは、つくづく微妙です・・

そうそう、
昨日は畑(職場)でも、露地に芽吹いたばかりのかわいい小松菜に寒冷紗のトンネルを設置した。
防虫、防鳥、防風対策だろうか・・おかげで虫食いの(ほとんど)ない野菜が食卓に届くわけで。
ハウスものの小松菜は、そろそろ終わりになりますね。

農家は働きもの。
よりおいしいものを・・、収量をあげたい・・、お客さんに喜んで欲しい・・
こんな愛情だったり、欲だったりが農作業の量を増やしてきたのかもしれない。
生活がかかっているのですから。

「何もせずに、見守れる」のが強い心であるのかもしれない。
弱い心はついつい手をやいてしまう。
弱い心は先の心配をして右往左往してしまう。
そして思い通りにならないと、さらに心配してイライラする。

無理やりハウスで発芽させられた植物は
「いい迷惑、もうちょっと待っててョ」なんて思っているのかもしれないなあ。

すいとんの記憶

すいとん・・・とは
小麦粉を水で耳たぶよりちょっと硬めにねって、
小さめの一口分くらいにして野菜を煮ている汁に投入、
粉が透明っぽくになるまで煮て、味噌を溶いて味を調えてできあがり。

子供のころ、よく母が作ってくれました。
塩も砂糖も何にも足さないので、小麦粉そのものの味がします。
すいとんの程よい歯ごたえと、噛んだあとに後にくるボソッと食感が素朴でいいんです。

最近小麦粉をよく使っていたら、
今日急にすいとんを思い出しました。
母が作るすいとんの汁には、角切りのさつまいもが入っていたような気がします。
さつまいもの甘みがみょうにすいとんには合うのです。

すいとんに余所行きの顔は似合わない・・だから、カツオも煮干も要らない。
野菜の甘みと旨みだけで優しく煮たお汁でいただいて欲しいなぁ。
ひとくち食べれば、子供の頃にタイムスリップ!
なんだか温かい気持ちになります。

私、相変わらず味噌汁に出汁を使っていません
さらに、最近は野菜類を炒めるときも、油の他は調味料入れなくなってます。
そうすると、毎食・・一口ごとが感動です。
それぞれの野菜にそれぞれの味があることに気がつきます。
それぞれの味が、胸にしみてくるのです。

ブロッコリーの複雑な味に感動します。
大豆の甘みにびっくりします。
エリンギの弾力のある歯ごたえに満ちたります。

でも、たまにはインスタントラーメンなんかも食べて、
調味料の味も楽しんでいます

健康の基本?

感謝されたり、頼りにされると、
自分でも予想外な力が出たりします。
仕事で、家庭で、そして友人に感謝されたり、必要とされたとき・・

たぶん誰だって、感謝されると元気が出る。
・・そして、頼られて元気がでるのは人だけではない。

ひとりの人間を作っている、細胞のひとつひとつも
やっぱり感謝されると元気が出たりするに違いない。

私たちは、自分自身で生きている気になってますが、
人ひとり、核と遺伝子を持った膨大な数の単細胞が集まってできています。

細胞たちによって生かされているわけです。
さらには、遡って、遺伝子を継承進化させてきたご先祖さまに、
さらには遺伝子の大もとを作った神様に生かされている。。

細胞たちは、感謝されると元気になりますが、
逆に、ご主人さまに必要とされないと思い込んだ細胞たちは
自ら消えていってしまったりするそうです。

脳細胞もご主人様から必要とされないと思い込むと
自ら消失していく。脳が小さくなる・・ボケ状態ですね。

細胞たちに感謝して、元気よく動いてもらいましょう。
これが健康で生きる秘訣・・

ということを「「神道」のこころ」という本から学びました。
「感謝」はされる側も元気になり、「感謝」する側も元気になる。
見返りに何かを求めず、ただただ感謝するというのは、
それだけで、とても心が落ち着くのです。

著者の葉室宮司(春日大社宮司)は、
形成外科の医師なのですが、東洋医学にも詳しく、
自らの治療にも鍼を使うそうです。

鍼は傷みをとるのにとても効果があるらしいのですね。
西洋医学と東洋医学の違いについて、書いていらっしゃますのでご紹介します。

病気を征服するという考えのもとに行なわれているのが西洋医学です。
 それに対し東洋医学は全く違って、人体を宇宙とみているわけです。
・・・・宇宙はどうなっているかというと、第一にバランス、太陽と地球とか、いろいろなもののすべてのバランスによって成り立っている。だから人間の体もバランスによって成り立っている。バランスが崩れたときが病気ということです。


ではどうなったら健康になるかというと

宇宙の仕組みに従って生きるのが本当のことだと言っているわけです。生かされていることに感謝する。これが健康の基本になるわけです。

「感謝」が1番。治療は2番ということのようです。



救命講習のすすめ

ついに救命講習(無料3時間)を受けてきました。
消防長認定の「普通救命講習終了証」までいただきました。
ま、人に見せることもないでしょうが、2年間有効だそうです。

ついに」と言うには、わけがあります。

1年ほど前に夫が急死してしばらくは、救急車の音がすごく嫌でした。
夫が倒れて救急車が到着するまで、
夫に声をかける以外、私は何もしてあげられなかったのです。

こんな悲しい思いから逃げるためか、
「救命救急」についてはあえて考えないように触れないようにしていたのです。
が、1年経って、ようやく現実と向き合う気力が出てきました。

人はどんな経験も忘れることができません。
ショックで出てこなくなった記憶があっても、忘れてはいないのです。
なかったことにはできない・・とすれば、向き合うしかありません。

救命処置は池袋の防災館で、夫と一緒に体験をしたことがあったのに・・何の役にもたちませんでした。
通り一遍の知識では、いざというときパニックになって終わりです。
体に覚えさせておかないと役には立たないのです。

で、今回の3時間コース。
倒れた人の意識を確認して、周りの人に応援を頼んで、気道確保、人工呼吸、心肺蘇生、救急隊員が到着する・・までの実技を何回も繰り返しますので、自然に体が動くレベルにはなったと思います。

さらに、もうひとつ逃げていたこと。
夫が倒れる4日ほど前、ちゃこさんのブログを読んで
記事内で紹介されていた救急のサイトをブックマークし、そのことをコメントで書いていたのです。
でも・・・ブックマークしただけで終わってしまいました。
このとき、真剣に救命救急の勉強をしていれば、状況は変わっていたかもしれない・・
という、これまた後悔が、事あるごとに頭に浮かぶのです。

ちゃこさんがせっかく送ってくれたシグナルを
「あとで見とこー」と忙しさにかまけて、しっかり受け取ることができなかったのです。
他人事だと思っていたのです。
この4日後に、まさか自分の夫が倒れるとは思ってもみなかったのです。
人の命がこんなに儚いものだとは知りませんでした。

ですから、縁有って、今日この記事を目にした方がいたら、
是非素通りしないで、すぐに各市町村で開催している救命講習を検索してみてください。
そして直近の講習に予約を入れてください。
それが無理なら、せめてこちらの心肺蘇生法の手順を熟読しみてください。

今更救命講習を受けても、
もう家族を助ける必要は私にはありません。
ですが、人はいつどこで倒れるかわかりません。
心臓マッサージはできる人が多いほど、助かる可能性も高くなるというものです。

私は優しくて涙もろい夫が宇宙で一番大好きでした。
が、その生活はまさに食べ物の好みも含めて緩慢なる自殺のようなもの。
でも、夫の生活が特別だったわけではなく、多くの人が似たりよったりです。
いつ誰が倒れてもおかしくないという現代生活・・・
だから、ひとりでも心肺蘇生法を身につけておいた方がいい。

この記事を書いている今も
救急車のサイレンが2度聞こえました。

そして、現代病の自覚がある方!
愛する家族を悲しませないよう、
なるべく自然に寄り添った生活になるよう心がけてみてください。
ご健康を心からお祈りもうしあげます。

そうそう、心肺蘇生法は全身運動です。
大汗をかきます。
運動不足の方、心肺蘇生法で心も体もリフレッシュ!おすすめです。

肉断ち

今日は肉断ち、代わりは大豆。

お肉癖になるようですねぇ。
ウマミ成分が多いもの、味の濃厚なものに舌が麻痺していくようで。
微妙なうまさを感じられなくなってきます。
インスタント・カップラーメンなどもやはり癖になるのは
皆様経験してらっしゃるのではないでしょうか。

味覚の再生!・・って言ったらカッコいいんでしょうね。
でも、ほんとうの理由は、大豆ストックが増える一方なので
消費しなきゃもったいないということ。
と、さらに安月給なので食費を抑えなきゃならん。
ようは、分相応の生活をしようということなんですが、トホホ・・

大豆は買いもしないのだけど、
なぜかあちこちからもらうんですよ。
今朝は、昨年末農業体験でお土産にもらった
有機の黒豆を煮ることにしました。

豆を煮るのには、なんといってもシャトルシェフが便利。
うちのは型も古く、年季が入ってるのですが、
これを使うと、仕事に行っている間に豆が煮えちゃいます。
そして、帰宅後夕食でこれを食す。

豆をザザッと洗って、
豆の量(カサ)の2.5倍ほどの水とともに内鍋に入れて火にかけ、
沸騰したら5分ほどグラグラ煮て、火から下ろし外鍋にセット・・これだけ。

仕事から帰って早速味を見ると、
水以外は何も入れてないのにほんのり甘い。
歯ごたえのある仕上がり。
これがこの豆の味だと思えば、もったいなくて味付けできません。

黒豆はそのままパンに挟んでいただきました。
チーズと一緒に挟むと、コクも出て味覚が満足します。
豆はさらに軟らかく煮て、軽くつぶすとまとまりがいいかも。

今晩は玄米に大豆を入れて炊飯器セットしておこうっと。
明日の朝は大豆入り玄米ご飯・・
そして、
お豆のサモサ風、お豆のつぶしサラダ・・ん?想像が膨らむ。
びんぼう万歳!

雑草を播く

土ははだかにしておいてはいけない気がする。
山道を歩くと落ち葉が厚く堆積してふかふか!、これが自然だと思う。

ガマ仙人さんは、タネをまいたら雑草などの青草を上にかるく被せるのだそうです。
でも、うちには被せる雑草がない!
いたるところに目につく雑草ですが、
誰かの土地だと思うと勝手に刈り取れない。

そこで思いついたのが公園から、落ち葉を拾ってくる方法。
2月に歩いたときは、落ち葉がふかふかだった。
この落ち葉を少しだけいただいて、落ち葉マルチにしよう・・
って、??あれぇ、落ち葉が無くなってる。
市で撤去したのかなぁ、腐葉土にでもするんだろうか。

なんて考えてると、

先日北海道の「こだわり自然肥料のすすめの黒土」さんから黒土が届いた。
20kg欲しかったけど、14kg単位だという。
しかたない、とりあえずで14kgで間に合わせよう・・

たぶん良い土。
でも、ミニトマトを播く前に、ミニ人参を播く前にやっておきたことがある。
土をより自然に近い状態にするということ。

で、先に雑草を植えることにしました。
雑草の種は売っておらず、唯一手に入ったのが「ホワイトクローバ」
ホワイトクローバー

ケシつぶより小さい種を一面に散らして、
水で8倍に増えたココヤシの繊維でマルチして水をやりました。
ココブロック

芽が出て、ちょっと伸びたら一部残して刈り取って、上に被せるつもり。
どうせ、種まきにはまだちょっと寒いだろうし。
3月4日クローバの種まき
早く出て来い、クローバ♪


最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。