おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隙間用のハタキをつくる

はたきを自作したことはご紹介しましたが、とっても便利でかわいい狭いところ用のハタキの作り方を割愛してしまいました。
とっても簡単ですので、あらためてご紹介しておこうと思います。

まず、狭いところのはたきはこんなんでした。
長いはたき

使う毛糸は純毛をおすすめします。
ホコリはとれますが、ウール自体は汚れにくく、静電気もそんなにおきないので、ゴミ箱の上でさっと撫でれば、わりに簡単についたほこりを落とすことができます。
アクリル毛糸は試していないのですが、アクリルは汚れを吸着する性質上、すぐに真っ黒になってしまう気がします。

用意するのは、まず、うちにごろごろしている?針金ハンガーと、?純毛の毛糸。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

それと、毛糸の長さを揃えて切るために、毛糸を巻きつけるものが必要です。
?厚紙か、細めのスーパーなどでもれなく?ついてくる食品トレー。
毛糸を切るんですから、?はさみ。
針金を折ったり伸ばしたりするのに、?ペンチ・・以上

作り方ですが、
まず、針金ハンガーのひっかかる部分の根元に針金が巻きついてますので、これを外します。
写真の矢印の部分です。
針金ハンガー矢印入り

ハンガーの底辺は2箇所で曲がっていますが、ひっかけるところに遠い方と、その引っ掛ける部分を残して、あとはペンチを使ってまっすぐに伸ばします。
汚い図で恐縮ですが、下の図の左側の状態になります。
針金を伸ばす
そして、図の矢印の先、右側の図のように、ひっかける部分の端をペンチでつぶして、針金同士をしっかり接触させます。
毛糸が落ちないようにするためです。

また、あんまり長いと扱いにくいので、先ほど伸ばさずにおいた部分をさらに曲げ、端に小さな三角を作って、針金本体にひっかけます。
ひっかかっているだけなので、長さが必要なときは、はずして伸ばせば長くなります。
ただ、あんまり頻繁に曲げたり伸ばしたりを繰り返すと、切れてしまうかもしれないです。

さあ、これで本体ができました。
毛糸を巻きつけて、同じ長さに切っていきます。
毛糸巻き
写真は違うタイプのほたきを作ったときのものですが、まあこんな感じで巻きつけていきます。
巻きつけたら、上下をパツンパツンと切りますと、同じな長さの毛糸の破片がいっぱいできますね。

この毛糸をマフラーなどのフリンジをつける要領で一本ずつつけていきます。
これまたひどい絵ですが、こんな感じ。
房のつけ方
わかりますか?
何本か巻きつけたら、お隣さんの糸と一緒にクルッと縛って、ほどけないようにしていくわけです・・毛糸の数珠つなぎ?ってところでしょうか。
できるだけ、ギュウギュウにつめて、柄の間際まで巻いていきます。
巻くのに1?2時間はかかるかも。
最初と最後の毛糸が宙ぶらりんになるので、ほどけないようにお隣の毛糸と結ぶとかしてくださいね。

これで、できあがりです。

テレビ台の下、家具と壁の隙間、ワゴンの下、さらには棚の上の置物の間のホコリをサッととることができます。
ホコリをとるのが楽しくなりますよぉー。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。