おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重曹でトイレヘラをパワーアップ

以前ご紹介したトイレヘラキーレー
トイレブラシに比べ、水切れがよく、汚れにくい点が優れていました。
でも、便器を磨いてもゴシゴシというよりツルツルという感覚なので、磨いているという実感がなく、へらもちゃんと便器にまんべんなくあたっているんだかなんだか、はっきりしないので、もどかしい感じがありました。
まあ、一応きれいな状態を保てているので、「ちゃんと磨けているんだな」とは思うんですが・・

最近、重曹の実力を再認識しているところですが、便器にも重曹をパラッとして、ちょっと置いてから、ヘラキーレーでこすってみました。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

すると、ゴシゴシ感があるんです。
キッチンのシンクに重曹を撒いて、キッチン用のへらでゴシゴシしたことはないですか?
ちょうど、あんな感触かなあ。

ゴシゴシ・・すごいひっかかりです。
汚れが落ちているという実感があります。
縁裏の際まで、よっく磨けます。
あんまり、ひっかかりがあるので、便器に傷がつかないかと心配になりますが、今のところ便器もヘラキーレーも無傷です。
最近、汚れがつかないようにコーティングされた便器があるそうですが、そういったタイプにはやめたほうが無難。
コーティングが剥がれてしまうかも。

以前、普通のトイレブラシと重曹の組み合わせで掃除をしたときには、重曹の研磨作用が活かせていたとはいえませんでした。
ブラシの毛の間に重曹が入ってしまうという感じ。
もちろん、重曹には汚れ落としやすくする効果がありますので、きれいにはなります。
汚れ落ちについては、どっちがどうとはいえませんが、ゴシゴシ感はヘラキーレーの方が強いです。

なお、重曹をパラリとするときは、容器から直接よりも、いったん手にとって、手でまいたほうが均一に、縁の近くまで撒くことができるような気がします。
さらに、水をスプレーして重曹を湿らせておきます。
そして、5分ほどしたら、ヘラキーレーでこすります。
普段は、何もつけずにヘラでこするだけでも、週に一度くらい重曹をプラスすると、すっきりします。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。