おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除の進捗を把握する

その月にする!と決めた家事の進捗を把握できるようにしよう、と考えました。
今までは、「ああ、なんか今日は気分が乗らないから、やーめた。」なんて日が続き、ぎりぎりまでやらなかったり、結局翌月に持ち越してしまったり。

毎日や週ごとにする仕事は、遣り残しても、明日または来週するチャンスがあるし、その分の負担が増えるわけではありません。
しかし、月の仕事は、来月は来月の新たな仕事が待っているので、来月の負担が増えることになります。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

さらに再来月に持ち越したら、もう実行不可能で、来年まで、見ないことにするしかないかも。

もっとも、私のこの姿勢は、掃除に限ったことではありません。
思えば、子供の頃、夏休みの宿題や受験勉強なんかも、いつもこんな感じでしたね。
少しは成長しないと・・。

月の掃除リストを作成して、それぞれの予想の所要時間を併記するようにしたことを、以前ご紹介しました。
その月の掃除をすると設定した時間から、実際に掃除した時間を引いて、「月の残りの掃除時間>未実行の掃除の所要時間」であれば、ちゃんと決めた掃除がこなせると安心することができるでしょう。

あるいは、1日あたりの掃除時間(毎日や週の定例の仕事は除く)を30?40分と決め、その30分くらいの掃除の束を1コマとして、コマ数をカウントします。
たとえば、11月は16日分を掃除にあてることができるとすると、掃除のコマ数は16コマ以下でないと終われないか、残業?をすることになりますね。
これも、「月の残りの掃除可能な日数>未実効の掃除コマ数」であれば大丈夫・・というわけです。

後者の方法を、実際にするとこんな感じでしょうか。
?まず、月の初めに、掃除ができる日数を予想します。
11月は土日・祝日を除くと20日ですが、体調を崩したり、他にやらなければいけないことがあったりして、20日まるまる掃除ができるとは限りませんね。
ですから、その60%とか80%の日数を掃除日数とします。
80%なら、16日が掃除日数ということになります。

?手帳に挟んである月のカレンダーなどの、土日祝日以外のところの日付に、1日ずつ16からカウントダウン形式で、記入していきます。

?先に書いた、掃除のコマ数も同じく降順に数字を書いておき(掃除リスト上でも、別に数字だけのリストを作ってもどちらでも)、ひとつやるごとに数字を横線などで上から順に消していきます。

?カレンダー上の、本日に記載された掃除の残り数とまだ消していない掃除のコマ数の一番上を比較すれば、いちいち計算しなくても、今月中に掃除を終わらせることができるかわかります。

もともと掃除日数を16日とし、4日分の余裕がありますが、これはお守りみたいなもんと考えて、手をつけないようにしときましょう。
そして、その月の掃除が全部終わったら、ご褒美に好きなことをするんだと思うと嬉しいじゃないですかねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。