おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間との戦い

11月の掃除時間を集計してみました。
毎日の習慣的な仕事が、2328分。
週の決まった仕事が、819分。
月のやるときめた仕事が602分で、合計3749分。
休日を除いて、20日の稼働日だったとすると、1日あたり平均187分、つまり1日3時間ちょっと、掃除をしていたことになります。

この時間は、午後から夜にかけてやった、夕食の後片付けとか、洗濯ものを畳むとか、ちょっとした家事は含まれていません。
だいたいは、午前中に集中的にやった家事の時間だけを集計しました。
ですから、実際にはもっと長い時間、家事に拘束されていることになります。
朝夕の食事の支度やら、細切れにやった家事の一切合財を、すべて集計したら、自分が家事にどれだけ拘束されているかが、はっきりするでしょうね。

家事の時間を計るのは無意味でしょうか?

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

時間を気にしてみて、わかったことがあります。
時間をあらかじめ見積もっておくということは、段取りを考えることです。
段取りを考え、必要な時間を把握することで、イライラが減ります。
イライラの種のひとつが、「時間が足りない」「時間に追われている」ということです。

私は、朝が苦手でぎりぎりまで寝ています。
たいてい、朝食の準備をするのに20分ちょっとしかありません。
普通は、これでなんとか準備できるのですが、少し遅くなってしまうことがあります。
そんなときに限って、いつもより自分の動きや頭の回転が遅くなり、イライラモードに突入してしまうのです。

そう、今までは朝食の支度を、ものすごくアバウトにしか考えていませんでした。
とにかく材料がそろっていて、献立も決まって、ご飯も炊き上がっているんだから大丈夫、と。
朝、ほうれん草などの葉物野菜を洗っていると、あっという間に時間がなくなってしまうことにも、もちろん気づいていました。
それでも、めんどうくささが手伝って、朝はいつも出たとこ勝負。

ところが、掃除や家事で時間を計ったり、見積もったりすることに慣れてきたせいか、朝食の支度まで見積るようになったんです。
明日の朝ゆっくり寝るために、夕食の支度の時や片付けのときに、下準備をしたり作ってしまうことが苦じゃなくなってきました。
思わぬ副産物です。

イライラすることにぶつかっても、「ああ、段取りがわるかったんだ」とわりに冷静に見れたりします。
家事こそ、時間との戦いじゃないでしょうか。
漠然とやっていると、あっという間に1日が過ぎてしまいます。

さて、
11月は、先日書いたように、やると決めていた仕事はすべてやり終えることができました。
今まで、掃除のリストさえ完成させたことがない私が、リストを完成させた(もちろん今後も変更はあるでしょうが)こと。
また、そのリストの項目をクリアできたこと。
この2点だけみても、多少の進歩があったといえるでしょう。

これも、時間を計ったおかげ?
もうしばらく、続けてみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。