おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「とれるNO.1」と重曹のあわせ技?

以前「とれるNO.1」の公式HPで掲示板を検索したとき、「とれる」と他の洗剤の併用は避けたほうがいいというスタッフの記事を見ました。
それ以来、「とれる」は必ず単品で使用し、冒険は一切したことがありませんでした。

先日、オーブントースターでホイル焼き(蒸し?)を作ったときに、お汁が染み出して、受け皿に焼きついたので、「とれる」をシュッとして、食事の間、放置しておきました。
あとで、ふき取るだけできれいになるのは、もうわかっています。
なのに、何を思ったか、重曹をパラッと振りかけてしまいました。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

重曹なんかかけたら、粉が残ってふき取りが大変になるのに・・です。
しかも、これは禁じ手である、他の洗剤(洗剤じゃないかもしれないですが)との併用じゃないですか。

結果、「?・・!」
夫が独身時代に繰り返し焼き付けて、どうやっても落ちず、あきらめていた汚れが落ちたんです。
以前「とれる」だけで試したこともあるんですが、そのときはダメでした。
重曹だけでも、ダメでした。
それが、「とれる」と重曹を使ったことで落ちた!

他のものも試してみました。
キッチンシンクの排水口、茶色にこびりついた汚れは、やはり「とれるだけ」、「重曹だけ」ではすぐには落ちません。
まず内蓋(防臭器)に「とれる」を吹き付けて、1?2分おいて重曹をパラリ。
布で軽くこすっただけで、アッというまにきれいになります。
細かいところは、歯ブラシでこすります。

さらに排水口の側面。
側面は垂直なので、なかなか洗いにくいもの。
「とれる」をスプレーして、一呼吸おいてぎゅっと水を絞った布の方に、重曹をまぶして、軽くこすります。
布が、茶色になります。そして、排水口は明るいグレーの色を取り戻しました。

プラスチック製のまな板にもやってみました。
「とれる」を吹き付けて1?2分おいて、重曹をまいてブラシでこすります。
真っ白にはなりませんが、かなり汚れが落ちます。

その他、ワイシャツの衿、湯のみの茶渋など、今までより力を入れないで落ちるのがうれしいです。
そうそう、血液のしみにもいいみたいです。
「とれる」の汚れをはがす力と、重曹の研磨力、+αの相乗効果なんでしょうか。

汚れがきれいに落ちるという期待感で、あれこれ試してしまいました。
ちょっぴり、ドキドキワクワクした?かな。
きっと、いつもこうだと掃除も楽しいのでしょうね。
マンネリになると、またやる気が失せるのかなあ。

くれぐれもやり過ぎないように、次回への余力も残さないと。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。