おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイマーをタイムキーパーにする

夢中で家事をやっていると、時間がわからなくなり、「あれ、もうお昼?」なんてことがあります。
いつも時計が見えるところにあるわけではなく、かといって腕時計は邪魔になる。
そこで、最近はいつでもマルチタイマーを携帯しています。

でも、問題があります。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

いつも、マルチタイマーをジーパンのベルト通しに提げて、エプロンをして家事をしているのですが、手元にあるとはいえ、いちいちエプロンの下からひっぱり出さないと、時間を確認することができないのです。
水仕事をしているときは、いったん手を拭かなければならず、とくに引っ張り出すのが面倒です。

そこで、ある日気づいた方法・・マルチタイマーの機能のひとつであるタイマーをONにしっぱなしで、仕事をすることにしました。
するとなかなか具合がいいんです。

以前書きましたが、このタイマーは設定した時間が経過し、アラームが数回なると手を触れなくても音が消え、また設定した時間から自動的にカウントダウンを始めるんです。
たとえば「30分」に設定すると、30分後に1度アラームがなり、さらに30分後に2度めのアラームがなります。
最初にタイマーをONにしたときから、3度目のアラームを聞いたら、2時間が経過したということになります。

これだと、いちいち時計を確認せずとも、常にだいたいの時間を知ることができるというわけです。
私自身、現在はたいていタイマーを「30分」で設定しています。
最初はより正確な時間を知ろうと、「15分」で設定してみたのですが、これだとあんまり頻繁にアラームが鳴りすぎて、いったい何回鳴ったのかわからなくなってしまいます。

30分・・・
そういえば、昔はたいていどこの家にも、30分ごとに「ボーン」と音がする柱時計があったものですが、最近はあまり見かけなくなりました。
こういう時計なら、タイマーを使う必要なんかなかったんでしょうね。
時計を携帯する必要さえなかったのかも。

キッチンの片付けをしている最中にアラームがピピッと鳴れば、「あれ、今日はずいぶん時間がかかってるなあ、ちょっと急ごう」とか「あれ、まだアラームが鳴らない。今日は仕事がスムーズだなあ。早く終わらせて、他のことしよう!」なんていう反応ができます。

もうひとつ使い道を考えました。
長電話の相手をしているときに、ピピッとアラームを鳴らして、「ごめんなさーい。今ちょっと取り込み中なもんで」と、話を切り上げる口実に使う・・・なんてのはどうかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

わかります!

家事をしていると、あっという間に時間が経っちゃったりしますよね。
私も早速この方法を取り入れてみようと思います☆

かお尚宮さんへ

ピピッと鳴ると、ほんと我に返りますよ。
いい使い道が見つかったら、教えてくださいね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。