おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレタンクの掃除

今日はトイレのタンクを掃除しました。
前回タンクを開けたのは、1年くらい前だったかなあ、またまた、ずいぶん間が開いてしまいました。

まず、マイナスドライバーでタンクへの給水栓を止め、通常用を足した後と同じようにレバーをひねって、タンクにたまった水を流して空にします。

陶器の重たい手洗い鉢(タンクの蓋)を外し、床に置いたタオル雑巾の上にそっと置きます。
タンクの中を確認すると、ちょうどタンクの水位の上、水に浸からない部分の部品に、赤やら黒やらのカビがバッチリついています。

カビっていうのは、いつ見ても嫌なもんです。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

汚いのはもちろんですが、カビが生えたという精神的な軽いショックを伴う感じ。
こんなカビに、タオル雑巾はもったいない!
こういうときは、プチバスタオル(古布を切ったもの)で目につくカビをぬぐって、古新聞紙の上にポイポイと放っていきます。
この汚れた布たちは、最後に新聞紙でクルッまとめてゴミ箱へ。

プチバスタオルで、目に見えるカビがほとんどなくなり、カビの圧迫感が去ったところで、歯ブラシや竹串で部品の細かい部分をこすります。
直接竹串をあてると傷がつきそうなら、串の先や柄に古布を巻きつけてこすります。
汚れが取れにくければ、「とれるNO.1」をスプレーしてこすります。
こそげ出した汚れを、プチバスタオルでできるだけふき取って、最後に、気休めかもしれませんが、カビのつきやすいところに、殺菌効果があるという銀イオンのスプレーをしてから、タンクのカバーをしておしまい。
そうそう、タンクのカバーの裏も汚れているので、こっちの掃除も忘れずに。

しかしまあ、川の流れの速いところに、汚れが溜まらないように、トイレのタンクも常に水が入っている部分にはカビが生えないもんなんですねえ。
タンクの中全体にびっしりカビが生えたとしたら、さぞ掃除も大変でしょう。
でも実際は、水面より上の部分をチョコチョコ掃除するだけなので、そんなに大変な掃除ではないですね。

手帳には、今日のタスク、「トイレタンクの掃除」と書いたところにチェックと花マルを書き入れました。
最近は、朝、家事にかかる前、今日はこれをやったら花丸をつけるゾッ・・というちょっとだけハードルが高い項目を心に決めることにしています。
ささやかだけど、自分へのご褒美ってことかな。
でも、たったこれだけのことでも、褒められたような気がして、ちょっとうれしくなります。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。