おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニ手かゴム手か?

最近、朝と夜、食器洗うときにゴム手袋を使っています。
軍手の話を書いたときに、かお尚宮さんより水仕事の時は、ゴム手も便利ですとのコメントをいただいて、そうだなあ・・なんて思っていました。
すると、数日後、はなまるマーケットで、手のモデルさんが、手荒れ防止にゴム手を2枚重ねて、食器を洗っているのが紹介されました。
もっと詳しく言うと、

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

その方、手荒れの予防どころか、手に顔用?の化粧水→パックと塗り、薄手のビニール手袋、厚手のゴム手袋と重ね、使うお湯の温度を45度にして、食器を洗いながら、手をサウナ状態にしてケアしていたんです。
もちろん、手はうらやましいほど、ぷるんぷるん。

私も、ゴム手袋を使って食器を洗っていた時期がありました。
もちろん、ゴム手袋の2枚重ねも、パックもしてませんでしたけどね。
手のケアに食器洗いを利用できるんなら、私もやってみようと思って、手にハンドクリームを塗ったあと、木綿の薄手の手袋→中厚手ビニール手袋、お湯45度で洗ってみました。

やってみたら、45度って、手だけじゃなくて、体中、キッチン中がポカポカし過ぎて、ちょっと違和感があるので、結局42度くらいにしましたが。
効果のほどは???
やっぱり、クリームじゃなくパックじゃないとダメなのかなあ、ぷるんぷるんには程遠い、もともと土台が悪いんだから、荒れないだけで良しとするかあ。
そ、手が荒れないし、食器洗いから、そのままシンクの排水口を掃除するのに便利なので、「ビニ手」を使い続けていました。

そのビニ手、寿命がきたようなので、今度はビニールではなく、ゴムの手袋を使ってみたら・・びっくり!
同じ手袋でも、ビニールとゴムじゃまったく異なるものだったんですね。
ゴム手袋はエライ!と思いました。

何が違うかって・・、まず食器洗いに関して言えば、
ビニールの手袋はすべりやすい、ので手に余分な力が入ってしまいます。
反対にゴム手袋は、食器がすべりません、素手で持つよりさらにすべらないんです。
ゴムという性質上摩擦力が強く、滑り止めをはめて洗っているようなもんです。

さらに、ビニールの手袋は、食器に油が残っているのかどうか感じることができません。
でも、ゴム手袋はビニール手袋を同じような厚みがありながら、油の残りを感じることができるんです。下に木綿の手袋をしているのにです。
私は、洗剤をほとんど使わないので、素手で指先で油が残っているかチェックしていたため、これってけっこう重要なポイントなんです。

ここまで見てもゴム手に軍配があがりそうですが、ゴム手のすごさはまだまだあります。
摩擦力が強いので、拭き掃除をするときに、雑巾をぎゅっと押さえる必要がないんです。力をあまり入れる必要がないわけです。
これって、垂直な場所を拭くときに予想以上に便利です。
とくに、レンジフードなど、場所が高くて拭きにくいところを拭くのが、とっても楽になっちゃいます。

こんなすばらしいゴム手袋ですが、欠点もあります。
まず、一般的にビニールの手袋より寿命が短いです。
尖ったところにちょっと引っ掛けるとわりと簡単に切れてしまうし、大事に使っても、そのうち、指先にひびが入って割れてしまいます。

逆にビニールの手袋は、なかなか切れません。
でも、しだいに縮んで弾力性がなくなり手にきつくなってきます。
こうなったら寿命なんでしょうが、でも、なかなか破れないのできつくてもつい使い続けちゃいますね。

機能をとるか耐久性をとるか・・
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

こんにちは

はじめまして
ゴム手を二枚重ねるって効果ありそう
ですね。

私のうちの台所にあるのはビニール手袋でした。
おっしゃる通り縮んで指の部分が硬くてきつくなってますが
破れていないので勿体なくて捨てられずに使い続けて
いました。
ここの所暑さで蒸れて手袋の中が臭くなってきたので
内側を覗いてみたら黒くポツポツと汚れがありました。
どうやらカビのようで裏返して洗ってみましたが
落ちません。ついに寿命のようで新しい手袋に交換
したほうがよさそうです。
ビニール手袋って丈夫で穴が空かない限りなかなか
取り替えることがないので気をつけたいと思いました。

はるかさんへ

ほんと、
ビニ手を交換するタイミングってわからないですねぇ~。
私は、なんとなく窮屈になってきたら
そろそろ変え時だと思っていますが
まだ使えるのに捨てちゃうってもの勇気?がいりますもんね。

それに、ビニ手の内側ってなかなか洗いませんよね。
不衛生とは思うんですが
すごーく汗をかいたときとか、気になったときだけ
水を入れてジャボジャボ振り
風船みたいに息を吹き込んで
表と裏をひっくり返して乾かします。
乾くの時間がかかるんですよね。

あっ、なんとなく私のうちと同じでちっょと安心です。
そう、まだ使える手袋を捨てるのって勇気がいりますよね。
一度捨てたのにまた拾って外の掃除用にしたりとか
そんなことがあります。(恥)

私は手袋を使いたいときに乾いてないと
困るからなかなか洗うタイミングがなくて
手袋の中に水が入っちゃったときに裏返して
洗うぐらいでした。
水を入れて振るのって簡単でいいですね。
一つ良い事を覚えました。ありがとー♪
それでは・・・。

はるかさんへ

言われて気づいたんですが、
ゴム手を2つ用意するといいかもしれませんね。
ひとつ洗っても、もうひとつあるから
常に乾燥した手袋が使えます。

そうそう、内側をバシャバシャ洗うときは
ゴム手の口をしっかりつかんで振ってね。
そこら中、水浸しになっちゃうので

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。