おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除の反面教師?

やはり家は、きれいなほうがいいです。

うちは、狭い家なのに、物がたくさんあって、しかも安っぽいものばかり。
けっしてピカピカではないのですが、それでもこのブログを始めてから、水周りにぬめりもなく、ホコリもためないようになりました。

そんな中、「恐怖」の実家に1泊してきました。
「恐怖」というのは、以前恥を忍んでお話したように、私の実家は「最後に掃除したのいつ?」と聞きたくなるような状態なためです。
帰省して掃除をしまくるのも、なんだか母を非難しているみたいで、気が引けるので、汚れていてもあまり見ないようにしてきます。
でも、この見ないようにがまんというのが、なかなか辛い!

まず、玄関を開け、持参したスリッパを掃いて中に入ると、床にはチリやホコリが・・しかたなく、そこへ座りますが落ち着かない。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

ついでに、天井近くや、戸棚の上にもホコリがたまっています。

トイレに入れば、便器の縁にホコリがたまり、便器の中は茶色く変色しています。
多少臭いもあり、とても落ち着いて用が足せる状態ではありません。

また、お風呂に入ろうと片足を踏み入れるとヌメッとします。
もちろん、目につくあちこちにカビ。
浴槽の蓋や中までヌメって居場所がないので、1分くらいで出てきてしまいました。

実家のどこに行っても、手足を充分に伸ばせません。
重苦しい空気に押さえつけられているようで、体の緊張が溶けません。
母や弟は、もう慣れていて平気なのかもしれません。
リラックスできないと感じる、汚れの度合いというのは、人によって違うのかもしれませんね。

自分の家に帰ってきて、
「ああ、やっぱり家はいいなあ?。」と心から思いました。
同時に、「やっぱり掃除は大事なんだ。」と。
多少時間はかかるけど、やる意味はおおいにあるんだと。
掃除がされていると、心も体もリラックスできてやる気だって起きます。
掃除って、なんてすばらしい!・・本気でそう思いました。

誰か私に、実家の掃除をする「勇気」と「技」を与えたまえ!
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

はじめまして。
我が家も狭さでは負けませんよ~!「よく建ったな」と思うほど狭い土地に建っており、しかも1階は仕事用の倉庫!住居部分はキッチン・居間・寝室のみ。
主人の実家が狭いのに物に溢れ、誰も掃除をしない状態。食器も汚いので・・・歩いて近いのですが行きたくないです。
そんな環境で育った主人は物を捨てられない人。うちに置いてると私が捨てるので実家に溜めてる様子。
うちは奇麗じゃないけど、掃除を意識するようになってからは風呂のカビも発生しないし不思議です。
日記、ゆっくり読ませていただきますね!

☆INSOLENCE☆さんへ

はじめまして!☆INSOLENCE☆さん
コメントありがとうございます。

家が狭いと掃除は楽で~すv-411
掃除って、意識してやらないと、どんどん後回しになっちゃうんですよね。私も以前はそんなんでした。
なんで私ばっかり?って、掃除する時間が無駄に感じたりして。
でも、今は楽しくなってきました。

荒れた家で過ごすと、掃除の有難さが身にしみます。
普段は掃除されているのがあたりまえで、あまり感じないですが。
☆INSOLENCE☆さんがきれい好きで、旦那さまは幸せですね。

日記、役に立つ話があればうれしいなあ。

わわー。うちの実家と同じです。それでも母が存命中も掃除は得意ではなかったのですが、父が一人やもめとなってからは、もうひどいもんです。言葉に出来ないくらい。

私も掃除を習慣づけるのに今とても苦労しています。親のせいにするつもりはありませんが、掃除も料理と同じで小さい頃から自然に身に付けるのがいいんでしょうねー。

KONさんへ

年をとって、気力も弱って、今までやらなかった掃除をこれから試行錯誤して、上手になるというのは、難しいですよね。
私も、母を見ていて、今更無理だとあきらめモード。
だからこそ、まだ頭も柔軟なうちに、苦手な掃除を習慣にする必要があるんだと思っています。
年老いた自分が、汚い部屋の中に居るのを想像すると、とっても怖いです。

親が、掃除の楽しさ、料理の楽しさを、子へ伝えることができたら苦労しないですよね。
でも、自分が好きじゃないことを、楽しいと思わせることができるかどうか・・

お久しぶりです。
すごくわかります。記事を読んでいて一人うなずきました。
実家に帰ると私の部屋に寝ることになるんですがこれが空き部屋だからといって掃除をした後がないくらい埃がたまっているのがわかる。
気になりつつそのまま寝る。
そのせいか結婚してからなぜか実家に泊まりで帰ると体調を崩す体になってしまいました。
母に言っても「忙しい」とか「そのうちやるから」とか言うんだけどやったためしがないと思う。
最近思うのは「掃除・片付け下手」なのではないか?と思うようになりました。直してもらいたいがやはり年をとっていくと下手になってくることが多いのかなぁ・・・


マッチです

掃除って
ほんとココロがスッキリするし

綺麗な空間の中は
心地よい気分になれます^^

ちこさんへ

ほこりのたまった部屋で寝るのは、体に良くないですねえ。
ちこさんは、体調崩れちゃいますか・・
私も、実家に泊まると体が痒くなる気がします。
しかも、実家にもう私の部屋は残っていないから、母の部屋で寝るのにです。

老いると、視界が狭くなるみたいですね。
空間認識力が衰えて、ほこりなんか気にならなくなるのかも。
ちょっと、さみしいですね。

マッチさんへ

マッチさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

掃除って気持ちいいですねぇ。
マッチさんには及びませんが、
私もようやく掃除が好きになってきました。

とくに、トイレ掃除は毎日せずにはいられない・・です。

あ~是非是非ご実家の掃除も定期的に手伝ってあげてはいかがですか?
一度きっちり掃除して、その気持ち良さを体感すると、目覚めて下さるかも~♪
きっとottoさんが、私の家に来られたら気になるところもたくさんあるんだろうなぁ~(笑)

ちゃこさんへ

掃除が必要とわかっているのに、やらないのはずるいですよねぇ。
自分さえよければいいなんてねぇ、しかも自分の実家。
私にも、近藤さんのようなパワーがあればなあ。

自分の実家だから気になるだけで、人の家のことはとやかく言いませんよぉ~。
もし、ちゃこさんの家にお邪魔するようなことがあれば、
いいところをいっぱいまねししちゃうぞ~。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。