おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望と志、そして掃除

夢は何かと聞かれたら、答えは大きく2種類に分かれる気がします。
ひとつは、富を得たいとか、物が欲しいといった自分のための所謂、自己中心的な「」。
2つめは、人の役に立ちたい、社会の役に立ちたい・・・世界の人のためになることをしたいという「」。

普通、人の心の中にはこの「欲」と「志」がミックス、共存しているんじゃないかと思います。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

そして、人によって「欲」と「志」の割合が違っていて、それが個性になったりする。

自己中心的な「欲」が、極端に強い人は、人との付き合いを、自分の欲のために利用し、人に好かれるよう振舞ったりします。
自分の「欲」の追求を邪魔されたと感じると、手のひらを返し、逆恨みするようになります。
こういう人は、もちろん、人の意見なんて聞く耳は持っていません。

先日、欲とうらみの虜になった人たちの話をしました。
もう一話書こうと思っていたのですが、あまりにおぞましい話なので封印することにします。

たまたま、これらの人の嫌な面に触れたとき、掃除道 という本を読んでいました。
鍵山 秀三郎さんが、「志」について話した講演の一節がありました。
涙が出ました・・救われた思いです。

欲望と志の違いについて書かれていますので、抜粋します。

個人の「欲望」というのは、自分のためにはなっても、社会のためにはならな
い。国家のためにもならないことが多いものです。ここが「志」と決定的に違うと
ころです。自分一人だけのためになることは、「志」ではなく、単なる「欲望」だと
思います。

さらに、「志」とは、簡単にかなえられない大きなものなんだそうです。
そして、一度決めたら何がなんでも自分との約束を守りぬく姿勢が大事なんだそうです。
欲望の塊となった人の、心の小ささが透けて見えました。

掃除ブログで、なぜ「欲」や「志」かというと、掃除をするときの心というのは、「欲」とは対極の心なわけです。
掃除が好きになれないのは、それが自分のなんの得にもならないと思うからなんじゃないでしょうか。
しかし、ほんとうは、掃除で「志」を立てることだってできるんです。

たとえば、ゴミをポイッとその辺に捨てない、ゴミが落ちていればサッと拾うような温かい心を日本人が持てるようにしたい・・というとても手の届かないような志を立てたっていいんです。
でも、人は命令されたり、強制されるのが嫌い・・だから、まずは自分が実践することから始めるんです。
掃除をすることは、家族のためになり、人のためになり、社会のためになり、さらには日本のために・・・なるんです。

先日、掃除が好きになったと書きました
すぐにはその理由が、自分でもわかりませんでしたが、だんだんとわかってきました。
私が掃除が嫌いだったのは、やはり自己中心的な気持ちだったからなんだと思います。
自分のジコチュウに気づいて、その考えを改めようとしたときから、掃除が好きになったんだと思います。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。