おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漂白剤投入のタイミング

洗濯は、重曹・石けん・酸素系漂白剤(過炭酸ソーダ)を
それにリンスとしてクエン酸を使用しています。

洗いあがりに多少不満があったんです・・つい先日までは。

そこで、「エコロジカル&セイフティクリーニング」を読み直し
酸素系漂白剤の投入を洗濯を始めてから3分後にしてみました。
すると、蛍光剤などは入れておらず
自然の色ではありますが
汚れが芯から抜けたような、すっきり感があります。

なんでも、重曹は最初のうち水素が放出され
酸素系漂白剤の酸素の発生を弱めてしまうんだそうです。

具体的にはこんな段取りで洗濯をしています。
1.まず洗濯物、重曹大さじ2、液体石けん(商品名:プラス)10cc
それに、40度くらいの湯(43L)を投入。
2.まず弱水流で洗濯コースのみを行なう。
3.酸素系漂白剤大さじ1を入れて、通常プログラムで
洗浄・濯ぎ・脱水を行います。
リンス投入口にはクエン酸水を適宜いれておきます。

軟水器でも使おうか、
トルマリンを入れると少しはきれいになるか?
それとも、いっそ合成洗剤にしてしまおうか
・・
なんて悩んでいたんですが
漂白剤を入れるタイミングを変えただけで
こんなに洗いあがりが違うとはびっくり!
この方法で当分間に合いそうです。

最近、重曹やその仲間たちをまた見直す機会があって
いろいろ試しています。
知れば知るほど、重曹ってカワイイヤツ!
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。