おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコンクリーニングを頼みました

とってもうれしいんです。
何故って、週末にエアコンクリーニングをしてもらったからです。
決してお安くはないですが、いろいろ試した結果、エアコン内部の掃除はさすがに自分では無理とあきらめました。
あぁ、これで今年の夏は安心してエアコンが使えます。

去年、送風口から覗き込むと、ホコリとか黒かびとかポツポツ見えてゾーッ

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

そのまま使ったら、冷気と一緒にかびが部屋中・・いや家中かな・・舞うわけです。

うちには、エアコンが2台あります。
もともと、マンションについていた借り物と、夫が20年来使っている古いもの。
夫のエアコンは、なんと、一度もクリーニングをしていなかったそうで、コワ!
病気にならなくて良かったぁ。

普段のお手入れが良くても、3年に一度は業者にお願いしないとダメみたいですね。
まったく、贅沢な家電です。
エアコンを買った時点で、何年か後にクリーニングを頼むのが決まっているわけです。
引越しの時だって、業者に取り外し・設置を頼みますね。

エアコンのクリーニングは流れは
エアコン周りを汚さないために、養生

エアコンのフィルターやカバーを外し、後、風呂場で洗浄

洗浄液の高圧洗浄機による塗布

細かい部分をブラシッシング

高圧洗浄機によるすすぎ・ふき取り

養生を外し、フィルター・カバーを戻し、動作確認

てな、感じで1時間半くらいでした。
こちらの業者にお願いしました。
古いエアコンでも、快くクリーニングしていただいていい感じでしたよ。
バケツに溜まった、すすぎの水を見せてもらったんですが、またまたゾーッ。
真っ黒でした。黒い塊もポツポツ浮いてて。

普段のお手入れについて伺いました。
すると、フィルターの洗浄や、冷房使用後に送風にして、内部を乾燥させるのはもちろんですが、なにより忘れがちなのが、エアコン上部にある吸込み口のホコリをとること
上部にたまったホコリが、アルミフィンや送風ファンにたまり、カビが発生しやすくなるらしいです。

送風口から覗いて、カビが見えたらもうアウト!
中はもうカビがいっぱいです。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。