おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漂白剤はいつ使うか?

んー?
漂白剤って、洗濯機に入れる前?
洗濯後なら、乾燥前?それとも乾燥後?

最近、洗濯の手順を見直しています。
今までうっちゃってきた黄ばみや着色を落とす手間も
ちゃんと手順に入れようと考えていると
冒頭の疑問が起こってきました。

重曹生活のススメにその答えがありました。
答えは「洗濯後」です。

「洗濯前」に黄ばみやカビとりをしようと

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

酸素系漂白剤の溶液に浸すと
漂白剤の力は汗や皮脂など、ほかの成分の分解に使われ
肝心のシミや黄ばみ、カビを分解する力が弱くなるからだそうです。

さらに、「乾燥前」か「乾燥後」か?
これは私の考えですが、
しっかり乾燥した衣類をもう一度塗らすのは
もったいなく感じて「次でいいや?」になりがちです。
また、乾燥するまで放っておくと
しみを取ろうと思っていたことさえ忘れてしまいます。
従って洗濯後、洗濯物を伸ばしていくときに
干すものと漂白するものに分けて
すかさず漂白液に漬け込みます。

その後その日のうちに、引っ張り出して濯ぐのは面倒なので
次の日までそのまま放置します。
そして次の日、その日の洗濯物と一緒に洗濯機に放り込みます。

とはいっても、できれば漂白なんかしたくないもの。
そこで、洗濯前日の夜に洗濯物のチェックを兼ねて
洗濯する物の入ったカゴから、洗濯物を洗濯機に移します。
広範囲にわたる黄ばみなんかは洗濯後に漂白するとして
それ以外のワイシャツの衿汚れやポケットのゴミなどは処理します。
衿汚れには「とれるNO.1」をまぶして、バケツに入れておきます。
翌朝洗濯するときには、すっかりきれいになっているので
濯いでから洗濯機に放り込みます。

洗濯前日、洗濯後の洗濯物乾燥前の2回
洗濯もののチェックをすることを手順に盛り込みました。
さらにもう1度チェックをすれば完璧です。
それは洗濯物が乾いて洗濯物を畳むときです。
ボタンが取れていないか・ほころびはないかチェックします。
夜にテレビでも見ながら、その日のうちに修理してしまうと楽ですね。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。