おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家事はぞうりで

ぞうりを履くと、俄然、家事をやる気が出てきます。

以前、夏は竹ぞうりを履いていました。
スリッパより、とにかく動きやすいです。
スリッパは中途半端に足にひっかかっているので
動作が遅く、パタパタ音がします。
ぞうりは、鼻緒を足指で挟んで、足に密着するので
足の一部のように動きます。

竹ぞうりもなかなか良かったんですが、
どうしても解決できない点が2つありました。

ひとつは、私のような足裏汗っかきは
竹ぞうりを履いてしばらくすると
竹が汗を含んで、ピチャっと冷たい湿っぽい感覚が消えないこと。

さらに、竹には抗菌性があるということですが
やはりずーっと履いていると、
汚れが竹の編目にたまり臭いを発生します。
丸洗いができず、表面を拭くぐらいしかできないので
臭いの問題は解決しません。

これらの問題を解決するのが、今はやりの布ぞうり。
布ぞうりなら洗濯機で丸洗いができます。

そこで、コットンBs さんより
まずは夫用に一足、布ぞうりキットを取り寄せて作ってみました。
布ぞうり
鼻緒既に縫ってあり、ぞうりを編むための布も
必要枚数が裁断してあるので、作るだけ。
2時間半ほどで、あっという間にできあがりました。

何を隠そう、数年前に布ぞうりを作ってみたことがあります。
今は、とっても簡単で、きれいにできる作り方の情報が豊富ですが、
以前はそれほどでもなかったんです。
1作目は片方だけを作って、一足できあがらず未だに放ってあります。

コットンBsさんの作り方は、
ぞうりを全部編んでしまってから、最後に鼻緒をつける方法で
鼻緒を本人の足にピッタリあわせることができます。
ぞうりを編んでいる途中で、鼻緒を編みこんでいく方法よりもずーっと楽です。

余ったジーンズやシーツ、タオルでもできそうですので
たくさん作れば、夏は家で靴下がわりに毎日洗濯したぞうりが履けるかもしれません。
冬には毛糸やフェルトで作れば、1年中布ぞうりで過ごせそうですね。
冬は素足では寒いので、毛糸のタビソックスを履いて。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。