おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちからスポンジが消える日

かつて、ウチのキッチンにはスポンジが2個ありました。
食器洗い用と、シンク&排水口用。

食器洗いは、だいぶ前に和紡布という布に変わりました。
調理台を拭くのも、食器を洗うのもの同じ和紡布を使います。

排水口の方は、スポンジのストックがあったのと、あまり深く考えていなかったのでそのままスポンジで通していました。

そもそもなんでスポンジなんでしょう?

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

洗剤を泡立てやすいからでしょうか。
でも、最近はあんまり泡立てる必要性を感じなくなってきました。
泡立てるとすすぎが大変ですから、泡立たないほうがよっぽど有難いんです。
泡を落とすんじゃなく、汚れが落ちればいい。

お掃除にタオルを使い初めて、数週間。
もう、お掃除にスポンジはいらない!です。
何度も言っちゃいますが、タオルは融通が利いていいです。
隙間や、細いところの汚れにも自由自在に手が届きます。

で、掃除に使っていた、スポンジの残骸は処分しました。
ゴミ箱にエイヤッと詰め込んで。

残りは、シンク&排水口用のスポンジ。
朝食後に、ガスレンジと換気扇をひと拭きした同じ1/2サイズのタオルで、シンクと排水口のクズ受けをクルッと拭きました。
あとは、排水口の奥をタオルで掃除することができれば、スポンジとおさらばしまーす。
決行は今週中!

それはそうと、食器洗いに使っている和紡布は、洗剤いらずのすぐれ物。
詳しくは、こちらで。
油べっとりの食器は、蛇口から流した水で汚れをサッと落とし、ボロキレかヘラで油をぬぐえば、洗剤を使わずとも、和紡布だけで汚れをすっきり落とせます。
一度で落とそうとがんばらず、桶にためた水またはぬるま湯を換えて2度洗いすればすっきりキレイになります。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。