おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利を追わない勇気

今朝、目覚めたとき、見上げたら・・だったら、どうだろう?と思った。
新しい日、新しい自分・・まわりに何もない。
ただ、自然が広がるだけ・・

今日はどんなことがおこるだろう?と、ワクワクするかな。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

それとも、何が起きるか不安になる?

遠い昔のご先祖様は、
空を見上げて何を思っていただろう?

食べることを考えただろうか?
獲物がとれるか不安になったりしたのだろうか。
食料を得ることは、きっと大変なことだった

みんな知恵をしぼって、協力して・・
食料が手に入ったとき、ものすごくうれしかったに違いない。
みんな手をとって、うれしくて踊ったに違いない。

誰かが、余った食料を保存することを考えた。
飢えにおびえないように、食物を育てた。
火をおこし食物を加工して、おいしく食べるようになった。

雨風をしのぐため洞窟に入った。
大事な食物を守るため、高床の建物を作った。
人は家に住まうようになった。
冬は温かい服を着て、温かい布団に寝るようになった。

こうして、ご先祖様は
飢えの不安、天候の不安、ひとつひとつ克服し、
さらにおいしいもの、さらに便利なものを追い求めるようになった


寒いときには温かいもの、
暑いときには冷たいもの・・・

欲しいものが増えて物々交換では間に合わなくなり、お金を作った。
欲しいものは、お金があれば手に入る。

もう火を熾さなくたっていいのだ。
ご飯は朝起きると炊けている。
衣類は機械が洗ってくれる。
家で野球だって見られるのだ。

お金さえあれば、大きなことができる。
もっと欲しいをかなえるためには、お金が必要だ。
ちょっとでも多くお金が欲しい。

人は助けあってここまで生きて来たが、
人の助けさえ、お金で買うようになった
お金さえあれば、もう頭を下げたり協力しあう必要もないのだ。

人はもともと、助け合うことで、喜びを共有できたのに
助け合わなくてよくなった分だけ、自分でも気付かない寂しさが増した

たぶん、どこかでストップしなければいけなかった。
「これ以上の便利はいらない」と言わなければいけなかった。

今更、不便に戻るのは容易ではない
でも、心配はいらない。
なぜなら、今や便利なはずの物が増えすぎて不便になってきた。
物が多すぎて、脳がフリーズしている
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。