おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の野良着1/3(ベース編)

新しいことを始めるときは、服装から入りませんか?
農作業もしかり!

「あれも必要かな?これもかな?」なんて、
頭で考えて誂えたものの、結局使わない備品やらが出てきて・・
絶対必要と思えるものでも、少量購入しておくに限ります。

そんな、試行錯誤を経て、だいたい服装が落ち着いてきたので、
もう春だというのに、私の冬の農作業着を、
翌冬のための自分への備忘録を兼ねて紹介してみます。
農作業着・・そういえば、「野良着」という言葉は生きているのかな?

農作業の特徴といえば、
?1日の寒暖の差がはげしい。
?土やら水やらがつきまくる。
?支度に時間がかけてらんない。

ということがあるが、私の場合それに加え、
?自転車で寒風にさらされる。
?洗濯は最小限(1週間に1度)にしたい。

冬場は小松菜の出荷が主でしたが、
だいたい土間(屋内)とハウスのどちらかでの作業でした。
土間にはストーブがありますが温度が一定せずすごく寒かったり暑かったり・・
ハウスは陽が出ていれば蒸し暑い。

これらを満たす服装。
冬の野良着   雨具
冬の野良着防寒
わかるかなぁ??

基本は「ハ」の格好で、
・土間で小さいな椅子に座って小松菜の選別をするとき、
ハウスに収穫に行くときも基本この格好。

・足元はクロックスの長靴(本当はブーツなんですけど・・)

・ズボンが汚れるので、ヤッケのズボン(ナイロンで通気性あり、防水加工はもう剥げた)
畑で収穫するときは長靴に土が入って鬱陶しい(靴下が真っ黒になるよ)ので、
ヤッケズボンの裾にゴムを通し、コードストッパーをつけました。
コードストッパーのおかげで、裾が長靴にぴったり密着し土を完璧にシャットアウト。
さらに、畑に膝をつくので土だらけになりますが、
ヤッケズボンなら帰宅後すぐにぬれタオルで拭いておけばすぐに乾き、
翌日もそのまま穿けるのだ。

・体の芯が冷えるので、フリースのベスト(これは汚れてもいいものを)
・髪が邪魔なので100均のバンダナ風ヘアバンド

・袖口に水やら泥やらはねるので、100均のアームカバー防水タイプ。
・手にはビニ手。
小松菜選別は繊細な作業ですが、手が濡れるので使い捨てのゴク薄タイプ。
収穫の際は、手のひら側だけにゴムをはった通気性のある手袋。
・・・と、説明が長くなるので、「ロ」以降は後日改めて
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

ヤッケという言葉がやけに懐かしいです(^v^)
明日も暖かいらしいですよ。汗をかいて風邪でも
ひいたら大変なので服装の調節も大事ですね。
小松菜といえば、生のままで適当に切って
そのまま冷凍できるのですよ。最近知って重宝してます。
春になったら、何を収穫するのでしょう?

mweさんへ

暖かいらしいですねぇー。
春一番がふくかもしれないとか。
ヤッケ、カッパ・・懐かしいですよね。

生小松菜の冷凍ですか。
いいこと教えてもらいましたe-446
大めに手に入ったら、さっそくやってみます。
軽く塩ふっておくとカサが減って良いかもしれないですねぇ。

春から小松菜がハウスから露地栽培になりますので、引き続き小松菜かなぁ。
かぶとじゃがいもの種は撒いてあるらしい。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。