おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の野良着2/3(中間 インナー編)

先日はmy野良着の外着をご紹介しましたが。
今日は中間着。画の「」になります。
冬の野良着

・暑いとき、上半身はフリースのベストを脱ぎます。
シャツが汚れるので、エプロンをしときます。
エプロンのポケットにはすぐに畑で仕事ができるように、
通気性のあるゴム手を入れておきます。

エプロンはコットン。
最初ポリエステルをしていましたが、ヤッケのナイロンと相性が悪く、静電気が大発生するためです。
また、コットンだと濡れた手も拭けます。
さらに濡れるときは、完全防水のビニール製エプロンをかけます。


・下半身は汚れやすいので、
仕事中にナイロンのヤッケズボンを、脱ぐことはないです。
ヤッケズボンの下は、表綿・裏フリースのパンツ(暖かいよっ!)。

裾を長靴に押し込むと蒸れるので、長靴の上端くらいで折り返し、
ヤッケズボンを被せ、コードストッパーをキュッと引き締めて、ズボンが外に出ないようにします。
これで、水も土くれもシャットアウト!


・靴下はトレッキング用の速乾性のものがいいようです。
長靴はなにしろ蒸れます。

汗かきさんは換えの靴下も用意しとくと、なお良し。
トレッキング用は足にキュッとフィットするので、動きやすい。
ウールでも化繊でもどちらでも。

・シャツは裾が長めのものを。
畑でしゃがんで作業をするとき背中が出ちゃいます。
女性用のシャツは短めのものが多いので、
男物のシャツか、女性用ならチュニックなんかいいかも。
私は「しまむら」でリーズナブルなものを求めました。

さらにさらにこだわりの下着について。
画中の「」になります。
一番下はコットンのパンツとブラですが、説明は省きます。

・半袖のTシャツは「アウトラスト」という繊維。
暑いときは熱を吸収し、寒いときは熱を放出して、温度を一定に保つらしい。
農作業は温度変化が激しく、畑で汗をかいたと思うと、
寒い土間でジッと選別作業。

自分のかいた汗が冷えて、背中がヒヤッ、ゾクッとしたりします。
こうなると体調を崩してしまいますが、
「アウトラスト」にしてから、この「ヒヤッ、ゾクッ」を意識しなくなりました。
極端に温かくなったり、冷やしたりしないため、
効果を意識しにくいのですが、
意識しないですむということは効果があったということでょう。

・パンツの上に5分丈の綿パンツを着用。
あれば5分丈の「アウトラスト」パンツを試したいですが、
残念ながらちょうどいいのが見つかりませんでした。

雨対策、汚れ対策、自転車通勤対策などについては、
また後日あらためて。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。