おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強い心弱い心

ホワイトクローバーの芽が出てきました。
クローバーの芽
比較のため、小指も一緒に。
種も点みたいでしたが、芽も小さ!

そこへ、昨夜の嵐。
こんな小さな芽、直撃されたら土ごと全部飛んでっちゃう?。

嵐になるのは事前にわかっていたので、
ビニールでもかけておこうか、プランターなので屋内に退避させようかしばし逡巡。

で、気づいた。
自然農のとっかかりとして、プランターを始めたのに、
もう気持ちが過保護に傾いている・・・

気づいてしまった以上、スパルタを通すことにした。
それに所詮、雑草なのだ・・。
でも、頼みの綱のココヤシマルチは、既に風に飛ばされて少ししか残っていなかった。
せめても、と、ココヤシを少し芽の上乗せ、
サラサラと飛んでいかないように、ココヤシマルチが湿る程度の水をかけた。

せっかくの芽吹きを守りたい・・というのは、愛情といえないこともない。
裏を返せば、せっかくの労力(たいしたことないが)が水の泡になるのが嫌!・・という欲でもある。
愛情と欲、自然と不自然の境というのは、つくづく微妙です・・

そうそう、
昨日は畑(職場)でも、露地に芽吹いたばかりのかわいい小松菜に寒冷紗のトンネルを設置した。
防虫、防鳥、防風対策だろうか・・おかげで虫食いの(ほとんど)ない野菜が食卓に届くわけで。
ハウスものの小松菜は、そろそろ終わりになりますね。

農家は働きもの。
よりおいしいものを・・、収量をあげたい・・、お客さんに喜んで欲しい・・
こんな愛情だったり、欲だったりが農作業の量を増やしてきたのかもしれない。
生活がかかっているのですから。

「何もせずに、見守れる」のが強い心であるのかもしれない。
弱い心はついつい手をやいてしまう。
弱い心は先の心配をして右往左往してしまう。
そして思い通りにならないと、さらに心配してイライラする。

無理やりハウスで発芽させられた植物は
「いい迷惑、もうちょっと待っててョ」なんて思っているのかもしれないなあ。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。