おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘土洗髪

農家で仕事を始めて、土と仲良くなってきたせいか、
土がついていても、あまり汚れている・・という気がしなくなってきました。

家の外は土だらけです。
他の生き物たちは、土とともに生きています。
もともとは人間だって、土まみれだったことでしょう。

雑巾さえ、土色でも全然気になりません。
以前は、真っ白にしかたったのに・・なんという変わりよう!

そのうち、なんだか私の頭皮が
「シャンプーは嫌、土で洗って!」って言っているような気がしてきました。

私の頭皮が脂性なのか、はたまた乾燥しやすいのか、
どんなシャンプーでも、洗髪後、どうもすっきりしないのです。
しかも、翌日にはもうベタッとした感触。

ネットで検索しても、さすがに畑の土で洗髪している人はなかなか見つからない・・
と思っていたら、
子供の頃田んぼの泥で洗ったという方がいらっしゃいました。
やはり、土で洗えるんですねぇ。

でも、まさか田んぼで洗って帰ってくるわけにいきません。
かといって、排水に土をセッセと流せば、
土は排水管に堆積して、詰まらせてしまうでしょう。
そんなことしたら、アパートから追い出されてしまいそうです。

で、「ガスール」という粘土の洗浄剤?を思い出しました。
昔、試供品で洗顔に使ったことがあります。
前々回書いた粘土団子からの連想かもしれないな。

ガスールなら普通に市販されているものなので、
排水管を詰まらせることもないでしょう。
それに、粘土は土と違って水と仲良しなので、
下水を水と一緒に仲良く流れていくに違いありません。

また、粘土だと、
洗髪後、髪がバリバリ、ガサガサになりそうですが、
ガスールなら使用後、ミネラル分のせいかヌメッとします。
これなら、バサバサにはならないでしょう。

使ってみました。
水を加えて、トロッとさせたものを
お湯でぬらした、頭皮に塗りつけてみました。
時間がかかるのでゆっくりと湯船の中で・・。

ガスールは入浴剤にも使えるので、
湯船にポタンと落ちて、湯が濁ってもご愛嬌、
一緒に皮膚もツルツルになるってもんです。

塗ってちょっとおいてから、
軽く頭皮をもんで、お湯で流して終わり。
シャンプーよりは洗いあがりの頭皮がすっきりしました。

ガスールは安くはないんですよね?。
粉タイプ500gで1500円(固形だと1200円)くらい。
陶器用の粘土だと、10kgで1680円。
陶器用の粘土とガスール、ブレンドしてみようかなあ・・・
結果、またご報告します。




スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。