おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タオルぞうきんをたっぷり

ぞうきんをかけるのがおっくうなのは、
拭いた後のぞうきんをどうしたらいいか、はっきり決めていないせいかもしれないです。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

真っ白いタオルを雑巾として使うといいらしいんですが、
私にとって、問題はタオルをどうしたら白く保てるかということなんです。

手でちまちま洗っていると白くなりません。
かといって、数日分をまとめて洗濯機で洗うというのも
汚いタオルを湿ったまま放置するのって、どうなのよ・・・って感じです。
暖かくなっていくと、菌が繁殖して臭ってきちゃいそうです。

不衛生も嫌だし、真っ白く保ちたいタオル雑巾。

で、考えたんですが。
こんな手順でやってみようかと。
まず、タオル雑巾を使ったら、さっとホコリや髪の毛を蛇口からの流水で流します。
そして、重曹水を入れたバケツにポンと放り込みます。
何枚使っても、ポンと放り込むだけ。
でその日の夜か、翌朝にさっと汚れをもみだして、
あらためてお湯と酸素系漂白剤を入れて一時間ほどつけておきます。
あとは、通常の衣類の洗濯が終わってから、
雑巾をお湯ごと洗濯機にいれて重曹と液体石鹸を加えて普通に洗濯します。

でも、一日に何枚雑巾を使うかな?
一生懸命掃除をしても、一日で洗濯機で洗いたくなるほどの量はたまらないかもしれないですね。
あまり使わないようなら、
重曹水バケツに放り込んで、翌朝、とりあえず漬け込んだ重曹水の中で汚れをもみだしてすすぎよく絞って干し、
ある程度の枚数がたまったところで、お湯と漂白剤につけて、洗濯機で洗うとか。

とりあえず、タオルを多めに買ってきました。
普通のフェイスタオルと、おしぼりサイズとハンカチサイズの3種類。

タオルにアクセスしやすいように、
とりあえず紙袋にタオルをたっぷりにいれてキッチンと居間の取りやすいところに置きました。

さ、お掃除の回数が増えるかな?

ちなみに、うちは普通の洗濯も、重曹と酸素系漂白剤、それに液体石鹸少々を使っています。
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。