おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘酒ってすごい!

甘酒(麹菌でお米を発酵させたもの)には、たんぱく質分解酵素(プロテアーゼ)、
脂質分解酵素(リパーゼ)が含まれているんだそうですが、
今朝、ほんとに酵素が生きている!と、実感しました。

最近は、すり鉢ですった発芽玄米ジュースに「レモン汁」、「はちみつ」、「練りゴマ(黒ゴマ)」を入れています。
すり鉢で玄米ジュース  0505黒ゴマ玄米ジュース

体にいいのか悪いのかははっきりわからないけど、
すっごくおいしくのでやめられなくなってしまいました。
冷えたままの練りゴマをスプーンでコップにポトッと落とすと、
ジュースに溶けず、最後まで固形のまま。

この「ハチミツ」のかわりに、今日は「甘酒」を使ってみました。
すると、今までガンとして溶けなかった練りゴマが、トロッとしてきたのです。
甘酒のリパーゼが練りゴマの脂質に働いたのでしょうか?
ん?、「酵素」ってやっぱ効くんだ!

人の体で、食物の「消化」、体の「代謝」は「酵素」が担っているとのこと。
消化酵素を使いすぎると、代謝に酵素が回りきれなくなって体に悪影響を及ぼす。
一生に生産できる酵素の量は決まっていて、酵素が切れたときには死が訪れる!

揚げ物、ステーキ、加工食品・・・飽食が招いた消化不良は、
大腸の悪玉菌を優位に導き、悪玉菌の毒素は疾患を生む。

酵素は「甘酒」などのように、体外から取り入れることもできるそうです。
体外から取り入れれば、体内酵素を節約することができる。
酵素は生の食品や発酵食品に含まれていて、加熱食、加工食品には一切無し。
加熱食の、繊維や各種栄養素を大量に取り入れる効用は捨てがたいですが、酵素は期待できません。
食物を加熱するのは人間だけ、野生の生き物は生食で病知らず。
ペットは人が加熱食を与えるようになって、病気が増えたという話もあるようです。

いろんな酵素補充のためのジュースやサプリもあるようですが、
甘酒だったら安心!、手っ取り早い!

酵素が生きたまま利用するには、自分で作るのがいちばん。
私が試みた、甘酒をつくるもっとも早い方法・・・
速攻甘酒

近くのスーパーで買った乾燥の米麹を使用。
炊飯器に米麹(200g)を手でパラパラにほぐしながら放り込み、
水を400cc入れて、保温にセットして4?5時間ほど放置するだけです。
温度が70度以上にならないように蓋は完全にしめず、竹串や割り箸を挟んでおきます。
常温に冷えたら、冷蔵庫へ。冷凍もできるようです。

甘酒!消化の助けに、甘味の代わりに、おすすめです。







スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。