おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堆肥を使わない

プランターは、やはり肥えた土を入れ、肥料を追加しないと果菜は育たないのか。
肥料も入れないうちの土、かろうじてラディッシュを収穫したが、それだけ。
大きくならず、早々とトウがたつが、花も咲かない・・・黄色くなって枯れた。
小さめのクローバーだけが元気だ。

欲が出る
いい土と堆肥の購入を考える。
鈴なりの枝豆が脳裏をよぎる・・・人間は欲張りだ!

ちょっと待て、自然に従った方がいい。と、別の私が引き止める。
土や、季節に合った植物を選べばいいんじゃないの?
食べられるのは、何もトマトやナスだけではない。
痩せた土でできるもの・・・食べられる野草ならどう

外へ行けば収穫できるものを、わざわざ家に植えるのもおかしいが、
何か植えなければ、土は肥えない。
でも、種がない、売っていない、自分で採取するしかない。
ということは、今年は植える種がない。
野草の種を集めて、来年に備えるしかない。
とはいえ、何も植えないのもつまらないから、
痩せ地で育ちそうな普通の野菜も、試してはみるが、もう期待はしない。
とりあえず芽が出て、土に戻れば御の字だ。

お昼休みに、放置されて野草だらけの畑をたまに見に行く。
今はイネ科の野草(イヌムギか?)一面にフサフサと風にゆれている。
背丈が高く、分け入るのが拒まれるほど。
GW頃は、同じ場所にカラス野豌豆やハルジョオンが咲いていた。
イヌムギの影も形もなかったのに。
さらに時間を遡ると、同じ場所にオオイヌノフグリやハコベが咲き誇っていた。

毎日ウォッチングしているわけではないので、
残念なことに、遷り変わりのタイミングは見逃してしまっている。
それにしても、こんなに頻繁に生えている植物が変わって
以前咲いていた野草はどこに行ってしまったのか?

野草の根元の土を見てみる。
枯れた繊維が多少堆積しているものの、もとの野草とは識別できない。
堆積量も多くない。

ワタクシ、以前、この放置畑からハコベとオオイヌノフグリをお持ち帰りし、
ベランダのプランターに移植したが、未だに影も形もある。
枯れた状態ではあるが、土の上にそっくりそのまま。

放置畑の方のハコベたちは、影も形もナイ!のに。
自然のハコベは既に分解されて土に帰ったのだろうか?
自然の中では、こうやって堆積と分解を繰り返し、土が肥えていくのか?

アスファルトの裂け目や積石の間に生えた野草さえ、四季の変化がある。
目まぐるしいほどである。
一方、ベランダプランターは、
人が種を植えないと次の季節を告げる植物は生えてこない。
プランターは孤島、種や土着の虫や微生物が辿りつけない。
鳥だって、うちのベランダにはさかりのついたハトしかこない。
プランターの土は自然に肥えていくことはない。
とりあえず、釣具屋でミミズのミミちゃんを仕入れて、プランターに放ってみた。
ミミちゃんたち、ハコベを分解してくれるかなぁ?

堆肥を使わずに土を作るのは大変だ。
何年もかかるのかもしれない。
とりあえず、近所の野草が実を結んだら日参し、
いいタイミングで種子を採取しよう。
とりあえずシロザかな。
タンポポもいいかも。
なんか楽しくなってきたら、ゴーヤの葉っぱが虫に食われた・・・ふ?


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。