おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑草をかきわけて

いつもの小松菜収穫。
先日はちょっと様相が違っていた。
ハンパじゃなく、鬱蒼とした雑草を掻き分けての収穫だった。

なにしろ小松菜より、イヌビユ、スベリヒユ、ジャガイモの葉の方が多く
通常の、小松菜だけの畑での収穫より、だいぶ時間がかかる。
家人は、お隣さんに「草を取りにきたんだ」と冗談を言っていた。
パートの同僚は、「やっと(コンテナ)一杯だ」などど言っていた。

雑草があるからといって、小松菜は小さくも細くもなかった。
虫食いだって、いつもより少ないくらい。
でも、いつもより多くの種類の虫を眼にした。
白さびもあったが、広がってはいなかった。
ちょっと自然に近い畑、たぶんうれしかったのは、私だけ。

農家さんは、畑に雑草が多いことを恥ずかしがります。
バイヤーさんなどが畑の視察にくるなんてときは、事前に総出で除草。

この雑草畑、去年はジャガイモ畑で、
お隣さんの言うことには、雑草をそのままウナって(耕して)いたらしい。
雑草が種を持つ前にウナうことを繰り返すと
しだいに雑草が減っていくのだそうです。

せっかくこんなに草が生えたのに、耕すのはもったいない。
いっそのこと、このまま耕さず自然農法に切り替えれば・・・
と心で思っても、もちろん言えません、言いません。
釈迦に説法ってなもんです。

私がお世話になっている農家さん、
人一倍勉強家で物知りなので、自然農法を知らないわけはないんです。
それでもやはり、慣行農法であるのは
家族を養うため、など理由があるはず。
現状を変えるというのは、自分のことであっても容易じゃあないですね。

私は黙って雑草を食べながら、ベランダで自然農をするしか・・・ない。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。