おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯は水洗いで

農作業をすれば、必ず土がつく。
雨の日なんかは泥だらけ。
土がついても気にしない!これが一番楽。
野生動物は土だらけである。
なぜ人間だけが、土を遠ざけようとするのか。

とはいっても、土だらけでは、スーパーに入るのも気がひける。
洗濯機に放り込んで汗は落ちても、土はしっかり残る。
衣類についた土は繊維をもまなきゃ落ちない。
土は無機物、何物も分解できない。

土がついた部分に狙いを定めて、
バケツにくんだ水の中でクシュクシュと揉む。
帽子や靴など揉めない場合は、ブラシでこする・たたく。

ナイロンなら繊維がツルッとしているので落ちやすい。
落ちにくいのはコットン。
それでも、やっぱり揉むしかない。

私は脱石鹸したので、
有機物の汚れには「とれるNO.1」を使います。
パンツの汚れ、キッチンのタオルの黄ばみ。
こういったものも洗濯機に放り込んだだけでは落ちない。
「とれるNO.1」をシュッとしてしばらく置いて、クシュクシュと揉む。
揉む際は摩擦で皮膚が傷つくので、ゴム手ビニ手袋を着用のこと。

タオルの黄ばみはしつこいので、
「粉末とれる」布袋に入れてタオルが浸るくらいの水に
「粉末とれる」のヌルヌルをもみ出し、そこに一晩つけおく。
そしてクシュクシュ、あるいは洗濯板でゴシゴシ。
サッとすすいでから洗濯機に放り込む。

タオルの黄ばみはしつこい、
これでも落ちきれないかもしれないが、何回かやってるうちに薄くなる。

他の汗やほこりがついただけの衣類も洗濯機に放り込んで、
石鹸も重曹も何も入れず、水だけで洗濯。
軽い汗だけなら1回、多くても2回のためすすぎでOK。
水だけで、靴下の臭いもちゃんと落ちている。

洗濯機にかけると衣類は傷む。
なるべく短時間で済ませたほうがいい。
どうせ汚れは100%は落ちない。

しつこい汚れは、洗濯機だけでは洗剤を使っても落ちない。
だから、洗濯機に放り込む前に処理をして、洗濯機では水で濯ぐだけにする。
ポリもウールも綿もなんでもイッショに放り込め
洗濯がとっても気楽にできるよぉ。
my常在菌も生き延びてるといいな。



スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。