おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除全体を把握する

昨日、「ひと月の家」について書きました。
ひと月単位でやりたい掃除を、実際の家の間取りにだいたい当てはめたものです。
このレイアウトをしているときから思っていたんですが、狭い家なのに、ずいぶん掃除する場所があるんもんです。

レイアウトしたすべてを、今までもひと月単位で掃除してできていたのかというと、「ノー・・・」というしかありません。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

「ひと月の家」に、「書類ケース周り」というのがあるんですが、久しぶりにケースを移動させて、掃除をしようと思ったら、底のあたりにうっすら白いカビが生えていました。
やはり定期的に、掃除したり、風を通したりしないといけないんですね。

と言うわけで、今までにもやっていたというより、やらなきゃダメだろう・・・ということでレイアウトした掃除群なんです。
これらをすべてひと月で掃除した経験というのはないんです・・・ということは、ひと月でやれるかどうかもわからない。

5/29のエントリーで床を拭くのが気持ちよかったことを書きました。
でも、毎日床を拭ける人ってあんまりいないんじゃないでしょうか。
毎日床だけを拭いていればいいんだったら、できるでしょうが、他にもいろいろやる必要がありますものね。

掃除関連の本には、「玄関は1週間に一度は拭きましょう」とか、「窓は2週間に一度は拭きましょう」とか、掃除の時期の目安が出ていて、あまりのまめさにクラクラします。

お掃除の時期って、人それぞれでいいんじゃないでしょうか。
まず、「窓は2週間に一度」有りき・・・ではなくて、どれだけの期間にどれだけの掃除をする必要があるのかを把握しないと「木を見て森を見ず」の状態。
窓掃除の頻度を先に決めても、他の掃除との兼ね合いで無理が生じるのではないかと思うのです。

床を拭いた後は気持ちいいけれど、ひと月にする掃除の全体量をあらためて確認すると、一週間に一度さえ床全体を拭けるか怪しいものです。
もちろん、一日中お掃除していればできるかもしれませんが、それでは掃除が嫌いになってしまいそうです。

午前中とか、一日1時間とか、週に1度だけ丸一日とか、掃除が嫌にならない程度に自分にあった設定でできる量と質にするのがいいんじゃないでしょうか。
同じエントリーで書きましたが、目指すのは「そこそこキレイ」です。
床だけをキレイにすればいいのではなく、家全体がすっきりしているのが気持ちがいいと思いませんか。

そこで、私にとってそこそこ気持ち良い掃除の仕方を考えました。
普段は、ハタキとホウキでザッとごみやホコリをとります。
そして、「ひと月の家」に書いた、掃除場所を一日ひとつ以上拭き掃除をします。
たとえば、「パソコン周り」なら、パソコン机の上や下の床を含めて、丁寧に拭き掃除をします。
床は、パソコン机の直下だけでなくちょっと手を広げて、広めに拭きます。
テーブル周りを拭くついでに床も・・・と、他の場所についても同じように床を拭くようにすれば、あらためて床を拭かなくても、そこそこキレイな状態を保てるでしょう。

今までの私は家全体に気を配らず、「今日はトイレを掃除した」「昨日はお風呂を掃除した」と、やったことだけで満足・・・というより疲れて・・・いたのでした。



スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。