おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

換気扇というヤツ!

以前、トイレの換気扇を掃除しました。
今日は、「イヤイヤ!」言う心に鞭打って、風呂場の換気扇を掃除しました。

カバーを外すと、トイレは白いホコリがびっしりでしたが、風呂場のは、黒いホコリが湿って、固まりになってモワッと隆起しています。

換気扇のつくりは、トイレのものと一緒で、分解していいものかどうかわかりません。
したがって、分解せず、また上を見上げるかっこで、掃除機のブラシノズルで吸い取ろうとしました。
でも、ホコリが湿っているせいなのかどうか、あんまりきれいに吸い取ることができません。

あきらめて、ブラシやマツイ棒を換気扇の中に突っ込み、ゴシゴシ汚れをこすり落としました。
浴槽がほこりで真っ黒になり、細かいホコリが宙を舞って、なんだか目にしみます。ああ、早く目が洗いたい!

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

そうそう、マスクは絶対にしておいてくださいね。

あらためて、換気扇の中と浴槽に落ちたホコリを掃除機で吸い取り、少し湿らせたタオル雑巾で浴槽と換気扇を拭きます。

換気扇カバーの方も、ほこりを掃除機で吸い取り、かるくタオル雑巾で汚れを取り、元のようにはめこんで終わり。

換気扇を覆っているカバーって、たいがい荒めのメッシュですよね。
これって、換気扇からホコリの塊が落ちてこないようについているのかもしれない・・・なんて思っちゃいました。
換気扇があれだけ汚れているということは、それだけホコリが舞っているってことなんでしょうね。

電気製品を買うと、マニュアルにたいがい「お手入れのしかた」というような項目がありますね。
たいがいの製品の「お手入れのしかた」というのは、書いてあるお手入れだけでは不十分で、時にひどい目に会ってしまうんですが、換気扇にはそれさえついていないことが多いです。
設置マニュアルのようなものしかない。

別に、メーカーさんに「電気製品作るなら、お手入れ不要にしてくれ」とまでは言いませんが、タオル一枚でお手入れできるようなシンプルな形にするとか、お手入れについては出来上がってから考えるのではなく、設計の段階でお手入れのことまで考えて欲しいですね。
それか、お手入れは無料でやってくれるとか。

今って昔に比べ、便利になってるんですよね。
でも、こと掃除に関しては、不便になっていることもあるんじゃないかと、昔ならしなくてもいい掃除が増やされているんじゃないかと思うことさえあります。

それは、洗濯機の無かった昔は、洗濯に時間と体力を使って大変だったでしょう。
でも、洗濯が終われば、すべて終わり。
たとえ、洗濯桶を洗う必要があったとしても、そんなのクルッと拭いて終わりです。
それが、中身の見えない、どう汚れているかもわからない機械を、洗わなければいけない仕事が増えてしまったわけです。

エアコンだってそうです。
真夏に涼しさを手に入れた代わりに、カビによる健康被害を心配しながら、専門の業者に掃除を頼む必要が出てきました。

わかっているけど、やっぱりもう後戻りはできない。
せめて、物を買うときはお手入れや処分するときのことを考えて購入しようと思います。

電気製品のお手入れに関する不満を書きだしたら、かなりのボリュームになるかも。
いくら「お掃除大好き化」しようとしても、掃除しにくい電気製品の掃除は、やっぱり好きにはなれないよねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。