おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水を使わず楽チン♪換気扇掃除

キッチンの換気扇掃除がこんなに簡単だったなんて・・

前回の換気扇掃除から、そろそろ2ヶ月が経ちます。
換気扇のフィルターをはずし、換気扇のドラムを止めていたネジをはずし、ドラムを目の前におきました。
前回同様、油が茶色くなって、羽根の内側にこびりついています。
「さー、どうしたもんかな?」

とりあえず、古布を人差し指に巻きつけて、羽根の内側にこびりついた油をざっととりました。
さあ、ここからです。
「とれるNO.1」を使ったこともあります。
お湯に重曹を溶かして使ったこともあります。
そういえば、トロトロ石けんを使ったこともありました。
今日はどうしようか?

そんなことを考えているうちに、重曹を粉のまま、羽根にかけてこすってみました。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

すると、油が粘土の破片みたいに、ポロポロと落ちるじゃあないですか。
そこで、ドラム全体にかけて、羽根一枚一枚、さっきと同じように、古布を人差し指に巻きつけて、擦っていきました。
羽根を一枚一枚こすらなければならないのは、どんな方法を使っても同じです。

おもしろいようにポロポロ落ちます。
ていうか、おもしろいです。
細かいところは、竹串でこそげ落とします。
ひととおり擦って、ドラムをひっくり返してポンポンとたたくと、重曹と粘土のかけらみたいのがパラパラ落ちてきました。
ここまで、水は一切使っていません。

重曹の粉がドラムについていますので、ここで初めて、流水で重曹を流します。
あとは水気を切って、乾燥してセットするだけ。
ドラムを外してから、水気を切るまでに15分くらいしかかかっていないと思います。

さらにこの方法のいいところは、羽根からパラパラ落ちてきた汚れは乾燥していますので、そのまま、ゴミ箱に直行できることです。
汚れをシンクに流すと、ベタベタ張り付いて、なかなか落ちないんですが、シンクも全く汚れません。
ドラムは、洗い桶や新聞紙など、しっかり乾燥したものを下において、汚れが飛び散らないように保護してから、掃除を始めるといいと思います。

ドラム以外の本体やネジは、重曹をつけると粉をとるのが大変なので、「とれるNO.1」を塗りつけて、1?2分したら、拭きとって終わり。
「とれるNO.1」だと、拭き残しがあっても大丈夫なので気にいっています。
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

たびたび拝見させてもらってます!

すばらしですねっ!
ちょうどリアルタイムで昨日、換気扇のドラムと戦ってました。
ottoさんの影響で「とれるNO.1」を使ってるんですが、さすがにドラムのしつこい粘土化した油に手を焼いて、結局、気がつけば1時間もたってたんです。

もうホントにへとへとでした。

次回は水無しの、重曹で挑戦したいです!!

うじさんへ

たびたび来ていただいて、ありがとうございますv-411

同じ日に、換気扇掃除してるなんて奇遇ですね。
換気扇の汚れって、頻繁にやってもやっぱり粘土ですもんねー。
まさか、毎週やるわけにもいかないし・・。
「重曹の粉ダイレクト」!是非やってみてくださいな。
汚れがポロポロはがれて、はまりそうですよ。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。