おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作ハタキ2種

こんなはたきが欲しいと思いました。
まず大前提として、ほこりをはたいたり、なでて下に落とすのではなく、ほこりを引き寄せるタイプ。
ほこりをひき寄せるはたきであれば、はたきをかけるタイミングを選びませんので、いつでも、気が向いたときにかけれらます。
しかも、はたきなら、ぞうきんをかけるより短時間ですみます。

そして次なる条件は、棚などに飾ってある、あるいはただ置いてあるものを動かさずに、棚板のほこりがとれ、ついでに置物のほこりもとれること。
そうそう、それに、食器棚の扉のガラスの縁にたまるほこりもとれないと!

先日ロングサイズのはたきを紹介しましたが、これだと、思いっきり細いところには入っていきません。
そこでさらなる条件・・冷蔵庫の下とか、テレビ台の下とか、細く長いところのホコリがとれる。

どうです?
こんなはたきはないもんでしょうか?

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

ネット検索してみましたが、今までみたことのあるような商品しか見当たりません。
満足するものがありません。

ただ、ひとつ、検索の成果として、ウールの(アクリルではなく)はたきがホコリを引寄せることを知りました。
その商品は残念ながら、形状が今ひとつだったので、購入にはいたりませんでしたが。

ウール?
ウールって毛糸ですねぇ、編み物に使う毛糸。
うちに余った毛糸もあるし、天然繊維は大好きなので・・作ってみました。

棒は、考えたあげく、100円ショップで買った一番短いサイズの突っ張り棒にしました。
これなら、先端が広がっているので、つけたハタキの穂が落っこちません。

毛糸を、スーパーの食品トレーになんども巻きつけて、毛糸の束を作り、タコ糸を通します。
そのまま、毛糸の束を崩さないように、そーっと突っ張り棒の先端に毛糸が均一になるように巻き、さきほど通したタコ糸で縛ります。
タコ糸で固定した反対側に毛束を揃えて、棒から外れたところに、タコ糸をきつく巻いて縛り、先端の毛糸の輪になっているところを、はさみで切り、できたのがこれ、第一作です。
最初のはたき


でも、使い勝手がいまいちだったので、毛束を増やし、根元にタコ糸を巻きつけて弾力性を増したのがこちら。
短いはたき
ちょっと穂が大きくなっちゃいましたが、まあまあいい感じです。

さらに、細くて長い所用のハタキも作りました。
長いはたき
針金ハンガーを伸ばして、ちょっと時間はかかりますが、毛糸をマフラーのフリンジをつける要領でつけただけ。
柄になる部分の針金を折りたたんでいますが、よっぽど長いところに使う場合は、伸ばすこともできます。

今のところ、大満足です。

スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

*** COMMENT ***

すげぇ~

ottoさん、すごいです。
そうそう、気に入ったものがないなら、作ってしまえ~!ですよね。
その精神大好きです。
ウールなんですね。な~るほろ~。
ホント、いつもながら勉強になります。

ウールいいよぉ

ちゃこさん、どうも~

長い方のハタキ、今日も使ってみたんですが、いいですよ~。
作って良かったNO.1って感じ。
あっちこっちに差し込んで、「おーぉ!」と感動しています。
作り方は簡単なんですが、また今度アップしてみます。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。