おっとりオット♪自然が食べたいっ

生食の野生動物は病気にならないらしい。 調理は極力せず野生食を目指します(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨモギの天ぷら

昨日に続き、自然農園の野菜をいただきます。
今日は、スナップエンドウとグリンピース、そしてヨモギ。
0425スナップエンドウ 0425グリンピース 0425ヨモギ

お昼の弁当に詰め込んだスナップエンドウは
何も入れずゆでただけなのに砂糖漬けにしたみたいに甘い。

0426豆ご飯
グリンピースは豆ご飯にしましたが、
試しに若いグリンピースを生で味見・・・
サヤまで甘く、加熱するのがもったいないくらい。
サヤごと茹でて、中の豆だけ取り出して豆ご飯にし、
サヤもすっごく甘いので、そのままつまんで食べちゃいました。

よもぎは茹でると香りが強すぎるのと
繊維が強靭で歯で噛み切れない。
やっぱり、細かくして草餅しかないか?

でも、結構量があるので、違う食べ方もしてみたい・・・
そこで、アイアイ自然農園さんおすすめのてんぷらにしてみました。
0426ヨモギてんぷら

油であげると、強すぎる香りが和らぎ、
パリパリに揚げると、繊維もパリパリでけっこういけます。
苦味と独特の香りがちょっと癖になるかも。
個性が強いので、出汁をとって天つゆなんて作らずとも、
醤油をお水で割っただけでのタレでおいしくいただけます。

それと、鶏モモ肉のミゾレ(大根おろし)煮を塩だけでいただきました。
写真は撮りませんでしたが、これも美味。
お肉は久しぶりです?、ずっと魚と豆だった。

明日は絹さやと大根の実でも食べようかな。
大根の実って初めて・・・楽しみだなぁ?♪

白菜と大根の花

今日、白菜の花が届きました。
送り主は「アイアイ自然農園」さん♪
アイアイ自然農園」さんのことは、以前からとても気になっていて、
このブログ上でもRSSへリンク登録させていただいています。

アイアイ自然農園」さんの所在地は愛知県(当方は埼玉県)ですので、
地産地消というわけにはいかず、送料もかかるので購入を躊躇していたのですが、
私が知りえる範囲では、最強の自然農法を実践していらっしゃる。

自然農法とはいっても、堆肥等を施しているところは多いものですが、
アイアイ自然農園」さんは、
無肥料、不耕起、無除草、さらに水さえも与えず、自然に任せていらっしゃるとのこと。
す・・すごい!
やはり、一度食してみたい・・・

購入したのは「旬の野菜セット」
お野菜の種類はお任せで3000円くらい。
別途、送料(クール便の指定がオススメ)がかかります。
そして、今回送られてきたのが、冒頭の「白菜の花」そして
「大根の花、大根の実、スナップエンドウ、グリンピース、絹さや、ケールとその花芽、よもぎ、乾燥大根葉、乾燥にんにく」の充実した内容。
非常に丁寧な梱包で、花さえもみずみずしい状態で届きました。

白菜の花がおいしいと聞いて、以前から一度食べてみたいと思っておりました。
しかし、普通、白菜は花を見る前に収穫されるか、
結球しない場合でも、早々に廃棄されてしまうのでかなわぬことと思っていました。

で、今回夢がかなった♪
さっそく「白菜の葉と大根の花」をいただくことにしました。
白菜の花 大根の花

できるだけ旨みを逃がしたくないので、蒸してみました。
小女子を少量の脂で炒りつけ上に、白菜と大根の花を乗せ、
水をふってから蓋をして中火にし、蒸気で花を加熱しました。
たったこれだけ。すっぱくならない程度に酢をふって・・いただきます♪
花の温サラダ

しっかり歯ごたえも旨みもあって、満足です。
白菜の花は、くせがなく、かみしめると旨みがあります。
大根の花は大根らしく辛味が有ります。
どちらの花もしっかり味があるので、小女子の塩気だけでOK!
黄、ピンク、白、緑の淡くて可憐な配色で、見た目にもおいしい♪

他の野菜も早く試したいけど・・
今夜は用があるので、豆ご飯は明日に持ち越し。
当分自然のお野菜で楽しめそう、おいしいってうれしいなぁ?

すいとんの記憶

すいとん・・・とは
小麦粉を水で耳たぶよりちょっと硬めにねって、
小さめの一口分くらいにして野菜を煮ている汁に投入、
粉が透明っぽくになるまで煮て、味噌を溶いて味を調えてできあがり。

子供のころ、よく母が作ってくれました。
塩も砂糖も何にも足さないので、小麦粉そのものの味がします。
すいとんの程よい歯ごたえと、噛んだあとに後にくるボソッと食感が素朴でいいんです。

最近小麦粉をよく使っていたら、
今日急にすいとんを思い出しました。
母が作るすいとんの汁には、角切りのさつまいもが入っていたような気がします。
さつまいもの甘みがみょうにすいとんには合うのです。

すいとんに余所行きの顔は似合わない・・だから、カツオも煮干も要らない。
野菜の甘みと旨みだけで優しく煮たお汁でいただいて欲しいなぁ。
ひとくち食べれば、子供の頃にタイムスリップ!
なんだか温かい気持ちになります。

私、相変わらず味噌汁に出汁を使っていません
さらに、最近は野菜類を炒めるときも、油の他は調味料入れなくなってます。
そうすると、毎食・・一口ごとが感動です。
それぞれの野菜にそれぞれの味があることに気がつきます。
それぞれの味が、胸にしみてくるのです。

ブロッコリーの複雑な味に感動します。
大豆の甘みにびっくりします。
エリンギの弾力のある歯ごたえに満ちたります。

でも、たまにはインスタントラーメンなんかも食べて、
調味料の味も楽しんでいます

口福

たぶん、きっかけは「出汁」を忘れた味噌汁。
この日以来、何を作って食べてもおいしいのだ。
朝餉、夕餉にひとりうなっている「んー、うまいっ」
別に料理の腕があがったわけではない、むしろその逆。
味覚が変わったのだろうか?

以前は煮干で出汁をとっていましたが、
一人暮らしになってから、
「どうでもいいかぁ?」と顆粒の出汁を使うようになってました。

この日の朝は小松菜とマイタケを煮て、味噌をといていただいた。
一口食べてから、あれ?出汁入れたっけ?
入れてない!けど、出汁が出ている??
だって、こんなにうまい!!
いやっ、絶対出汁入れてない!

味噌汁は出汁を使うものだと思い込んでいた。
出汁をいれれば旨みは増すだろうが、
野菜自体の味はわからなくなってしまう。

別に誰に食べてもらうわけでもないから、
これからは味噌汁は出汁は無しで、素材の味を楽しもうっと。

で、毎朝出汁をとらない味噌汁。
今日の具は、どんな味になるのか楽しみになった。
おいしい野菜たちがいとおしくさえ思えてくる。

どんな素材にも既に味があるのだからその味を活かし、
調味料はその味を調えるために、使えばいい。
調味料で味をつくるのではなく・・。

調理しながら、「さー、どんな味になってますか?」と味見をするのは
素材たちと会話でもしているようだ。
こういう調理の仕方は楽しい。

今晩は、豚肉を買ってきた。
農家の軒先で買ったピンピンのほうれん草があったので
長ネギも加えて「常夜鍋」風にした。
もちろん出汁はなし、調味料は酒と醤油のみ。
そのうまさときたら・・・うますぎ!合掌
最新記事
私の素食公開中♪

野生(肉は無し)食を目指してます

カテゴリ
ブログ内検索

プロフィール

otto

Author:otto
専業主婦当時「お掃除大好き化計画」ブログではお掃除を研究し、お掃除嫌いを克服しました。
そんな掃除技を武器に、今は兼業主婦に挑戦しています。

会社では、「株」という異次元の空間に足を踏み入れ悪戦苦闘

RSSリンクの表示
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント
トラックバック

    お気に入りブログの最新記事

    ブックマーク
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。